沢崎誠、サクラナイツ連勝!! 盤石の攻守で、一気に2位に浮上!!

沢崎誠、
サクラナイツ連勝!!
盤石の攻守で、
一気に2位に浮上!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の1日目第2戦は、沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ)がトップを獲得。

”多井キラー”の異名を取る沢崎が、本日もキラーっぷりを発揮し多井からの直撃を連発。追いすがる瀬戸熊もマンガン直撃で叩き潰して、盤石のトップを獲得。サクラナイツは2連勝で一気に2位に浮上した。

2回戦の対局者は、セガサミーフェニックス近藤誠一渋谷ABEMAS多井隆晴TEAM雷電瀬戸熊直樹、そして沢崎。

東3局、西家の沢崎が待ちでリーチをかけると、追いついた多井からがこぼれる。リーチ・ドラ2の5200のアガリを決める。

次局、多井の親番で赤2のテンパイを入れた沢崎が先制リーチを打つ。待ちは。そしてがまたもチーしてテンパイを入れた多井の手から打ち出され、ウラが1枚乗って8000点。本日も沢崎の”多井キラー”っぷりがいかんなく発揮される。

その後、瀬戸熊の猛追があって2人がほぼ横並びとなるが、南3局3本場の瀬戸熊の親番。5巡目に沢崎がリーチ。待ちはドラののシャンポン形。が瀬戸熊の手から押し出されるが、5巡目リーチではこれもやむなし。

ウラが1枚乗って、このマンガン直撃で勝負あり。

内川・沢崎の連勝でサクラナイツが4位から2位に浮上、逆にABEMASが4位に陥落となった。

勝利者インタビューで沢崎は「とっても嬉しいです、(チーム2連勝は)出来過ぎですよね。(対戦相手が)みんなしっかり打てるので、わかりやすいんですよね。そういう面では、相手は強いけどちょっとやりやすいかなっていう感じですよね。やられるときはボコボコになりますけどと語った。

【Result】
1着 沢崎誠サクラナイツ 3万9900点/+59.9
2着 近藤誠一・フェニックス 2万6200点/+6.2
3着 瀬戸熊直樹・雷電 2万900点/▲19.1
4着 多井隆晴・ABEMAS 1万3000点/▲47.0

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +260.9(2/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +133.4(2/16)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +97.5(0/16)
4位 渋谷ABEMAS +72.6(2/16)
5位 TEAM雷電 ▲97.9(2/16)
6位 U-NEXT Pirates ▲101.1(0/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月16日の対戦は
セガサミーフェニックス vs 渋谷ABEMAS vs KADOKAWAサクラナイツ vs TEAM RAIDEN / 雷電

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ1日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!