村上淳、辛勝!! 絶好調のドリブンズ!! 驚異の20戦10勝!!

村上淳、辛勝!!
絶好調のドリブンズ!!
驚異の20戦10勝!!

3月30日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その7日目2回戦は、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)がトップを獲得。
目まぐるしくトップが入れ替わる接戦を制した。

対局者は、
EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、
渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟)、
そして村上。

並びは、白鳥・佐々木・村上・勝又。

開局は勝又が、白鳥から3200点を出アガリ、勝又リードで局面が進む。

しかし南2局、ラス目で親の佐々木がリーチ・ツモ・タンヤオ三暗刻・ウラ1の6000オールをアガって一気にトップ目に立つ。

さらにしかし、同1本場、村上がツモ・チートイツ・赤3の3000・6000ツモでトップが入れ替わる。

さらにさらに、オーラス4本場の勝又のラス親、ピンフ・ツモ・ドラ2・赤1の4000オールで再び勝又がトップ目復活。2着村上との差はわずか100点。

決着がついたのは同5本場。
村上がリーチのみのカンを勝又から出アガリ、1300点。
見事シーソーゲームを制した。

村上は勝利者インタビューで、
「残り4戦、油断しないように頑張ります。浮かれることなく気を引き締めて、戦っていきたいと思います」
と語った。

【Result】
1着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)4万1700点/+61.7
2着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)2万5200点/+15.2
3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟) 1万5300点/▲24.7
4着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(日本プロ麻雀連盟) 7800点/▲52.2

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +588.7(20/24)
2位 EX風林火山 +203.2(20/24)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲250.5(20/24)
4位 渋谷ABEMAS ▲292.9(20/24)

10月1日に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」
レギュラーシーズンを終え、上位4チームがファイナルシリーズへと進むことになった。
赤坂ドリブンズ,EX風林火山,KONAMI麻雀格闘倶楽部,渋谷ABEMAS
の4チームで初代王者の座をかけて戦う。

ファイナルシリーズは全24戦で決着。1日3戦を戦う。
Mリーグ初代王者になるチームはどこだ!?

(C)AbemaTV
Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ7日目

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする