これが恋なのか… やられても不死鳥の如く蘇る近藤誠一に魅せられて【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Fri】

これが恋なのか…

やられても不死鳥の如く蘇る

近藤誠一に魅せられて

文・アホ東大(院)生【遊軍ライター】2018年11月2日

私は、ネット麻雀で名を馳せているプレイヤーでもなければ、日々麻雀を追求する麻雀プロでもない。

そこら辺にいる至極、冴えない理系大学生だ。

そんな私だが数年前から友人の勧めで麻雀にはまり、麻雀を打つよりも見ることが好きな自分は、よく麻雀動画を見ていた。

過程では評価しづらく、結果のみが評価の対象になる麻雀というゲームで、十人十色、様々な「色」の麻雀を打つ麻雀プロに関心を持ち、感心していた。

その麻雀プロがしのぎを削りあう新たな舞台『Mリーグ』の開催が発表されたときは、期待に胸をふくらませ全身から鳥肌が立ったのをいまでも覚えている。

「お前ただのファンじゃん」と言われればそれまでだが、初めての観戦記、背伸びせず私にしか書けない観戦記を書きたい。

 

近藤誠一

彼は、ネットで麻雀動画を漁っていた私に違和感を与えた。正直言うと変な手順で打っていたのである。しかし、動画内で最後には大きく勝っているのだ。

巷では感覚派と呼ばれる、一般的な手順を前後させる近藤プロの打ち方に、自分にはこの打ち方は真似できないなと思う反面、魅了されていた。そして、思考回路をのぞいてみたいと何度か思った。

これが恋なのか…

彼は、果たして何者なのか?本当に感覚派なのか?

その正体を暴くために今回は彼を追っていく。

 

第1試合は

石橋伸洋プロ(パイレーツ)

二階堂亜樹プロ(風林火山)

近藤誠一プロ(フェニックス)

村上淳プロ(ドリブンズ)

の対決だった。

 

《東2局》「一色即発!近藤 VS 亜樹」

東1局で、近藤が700-1300点のツモあがり迎えた親番で、局は大きく動き出す。

解説の多井も言っているが、このドラが内蔵された2メンツある配牌は染めない選手もいるだろう。しかし、近藤はこの配牌から一直線に染め手に向かい、大きく打っていく。

みるみるソウズを引きいれていき、すぐさま清一色のイーシャンテン。

 

亜樹がこのイーシャンテンの形からを切り、

 

近藤がでチー、切りで18000点の間待ちテンパイ。

 

対して亜樹は、を引きいれ面前清一色のイーシャンテン。

 

ソウズの近藤は

の形から村上のをポン、切りで、待ちに取れたが、鳴かずに間待ち続行。

この判断は、

 

①2つ鳴きを入れ、を手から切ってしまうとソウズを切ってきた村上、亜樹からのロンアガリの可能性が極端に低くなる。1つの鳴きであれば、勝負牌としてが打ち出される可能性は高い。

待ちは近藤の目から5枚見えで、かつ亜樹の捨て牌のソウズはのみでのターツを持っている可能性がわずかにある。

 

この2つが大きな理由だろう。

条件反射で鳴いてしまう人もいるこの場面、近藤はじっと場を見つめていた…

好形のイーシャンテンの村上からツモ切られたを亜樹がすかさずでチー、待ちの清一色テンパイ。

武田軍が反撃の狼煙をあげる。

近藤は、亜樹の手から出てきたを鳴いての食い延ばしはせず(が3枚切れ)。

残り1枚ののためにソウズを手出しするのを嫌ったのだろう。

 

近藤のソウズ清一色! VS 亜樹のピンズ清一色!

 

一触即発ならぬ一色即発の清一色の戦いは…

 

次巡に亜樹がをツモあがり3000-6000の跳満。この局は、武田軍が勝利を収めた。

勝利の女神を内に宿したかのような亜樹のこの笑顔。プライスレス。

 

 

《南2局》「不死鳥復活なるか!近藤 VS 村上」

近藤は、南1局5巡目の村上からのリーチにドラドラの手牌からを押し満貫放縦。2着目村上と8200点差、4着目石橋と4100点差の上も下も見える3着目。

大事な親番でこの数牌だらけの好配牌をもらう。

第一打は、もちろん。ここまでの手牌なら役牌に頼らず、他家に鳴かれる前に切り飛ばす。

ターニングポイントは、5巡目。ここで持ってきたを手にとどめ、を切っていった。

この判断は、がトップ目の亜樹の役牌であり、捨て牌がと数牌の切り出しで、が鳴かれる可能性があるからだと思われる。は、実際には石橋に対子で入っていた。

しかし、ここでを切ってしまうと手牌の柔軟性が落ちてしまう。鳴いても高目12000点が見込める手であるため、食いタンを考慮に入れ、ここでは真っ直ぐ打ちで良いと感じた。

後に鳴ける形になったのだが、いっこうにツモは伸びず、終盤には、村上からのシャンポン待ちリーチを受ける。

そして、近藤は、ここで再びターニングポイントを迎える。

ツモに恵まれなかった近藤の元に序盤に切ったが再び帰ってきた。

リーチの村上の河にはがあり、切りリーチ。つまり、は中筋の牌であり、テンパイ気配のある亜樹にも現物だ。

近藤はここから村上の現物のを切っていく。この時点では、2枚切れていて、シャンポン待ちには当たらない。この判断はつまり、村上のからの間待ちを警戒しての一打だろう。

この終盤でドラのの所在が不明ではあるが、亜樹の河から亜樹がソウズを大量に持っているのは確かで、トップ目からのリーチに対して若干押している。

近藤の選択肢としては、を押して、テンパイ料を狙いに行く手もあったのではないか。

を切る→引きでテンパイ。

を切る→引きでテンパイ。

最終的にはこの局は、近藤の1人ノーテンで、4着目石橋に100点差まで詰められた。

そして、南4局で、亜樹が石橋に2600点を振り、近藤は4着で1回戦目を終えた。

1位 53.1 二階堂亜樹プロ(風林火山)

2位 10.9 村上淳プロ(ドリブンズ)

3位 -21.4 石橋伸洋プロ(パイレーツ)

4位 -42.6 近藤誠一プロ(フェニックス)

 

第2試合は

園田賢プロ(ドリブンズ)

勝又健志プロ(風林火山)

朝倉康心(パイレーツ)

近藤誠一プロ(フェニックス)

の対決だった。

近藤は、本日唯一の二連投で第2試合

東2局では四暗刻単騎待ちテンパイまでこぎつけ、

最後は打ちの待ちリーチ! 大きく打ち、大きく勝つ麻雀の真骨頂を見せつけたが……

 

そのが薗田への放銃となり、ジ・エンド。

後一歩及ばず、2着で本日のゲームを終了した。

 

1位 52.7 園田 賢(ドリブンズ)

2位 8.1 近藤 誠一(フェニックス)

3位 -12.1 勝又 健志(風林火山)

4位 -48.7 朝倉 康心(パイレーツ)

今日の対局では近藤誠一プロは大きく勝つことは叶わなかった。そして、私が彼の正体を暴くには至らなかった。

しかし、大きく打つ場面を私たちに何度も見せてくれ、22歳の小僧の心を魅了した。

次の試合では、きっと大きく打ち、大きく勝ち、大きく羽ばたいている姿を私たちに見せてくれるだろう。

アホ東大院生

22歳。麻雀プロでも天鳳高段位でもないが、とにかく麻雀観戦が趣味。

【関連記事】
卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】
進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と 軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】
俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】
“踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】
Mリーグ初役満を無視して考えた。パブリックビューイングは誰のもの?【熱論!Mリーグ】
死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】
“ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】
Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】
近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】
高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】
女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】
もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】
俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】
ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】
狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】
“多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】
白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】
麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】
身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」