変幻自在の鳴きで卓上を駆けるマジシャン その名は園田!【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Fri】

変幻自在の鳴きで

卓上を駆けるマジシャン

その名は園田賢!

文・真中彰司【遊軍ライター】2018年11月2日

ポンやチー、カン。「鳴き」と総称されるこれらの行為は麻雀において欠かせないものである。同時に、非常に扱いの難しいものでもある。

鳴きのメリットは、他家の捨て牌を使えるため速度が上がるということである。しかしその反面、手牌を短くするため、守備力は落ちる。また、打点も面前の場合より安くなるため、押し引きが難しくなる。

視聴者の中にも鳴きが苦手、という人は少なくないのではないだろうか。

というわけで、今回は鳴きの少ないプレイヤーと鳴きを多用するプレイヤーが同居するチーム、赤坂ドリブンズに注目してみたい。

【第1戦】

登場したのは「リーチ超人」こと、赤坂ドリブンズ・村上淳。

ここまで8戦打って+27.3ptと、安定した戦いぶりを見せている。

村上といえば、リーチ時の発声である「りっち」でコメント欄が埋まるほど、リーチでお馴染みのプレイヤーだ。

それと同時に、副露率が低い、ほとんど鳴かないプレイヤーとしても知られている。

実際、この日までの副露率は13.86%で、全体では下から2番目の20位である。

この日の1戦目でも、東4局までは全く鳴かない打ち回し。

他家に先行される展開が続いたが、自身が戦える手牌じゃない時はしっかり守備に回り、無駄な放銃をしない。これも村上の麻雀である。

やっと出番が訪れたのは南1局1本場。

苦しいペンを引き入れて、ピンフ・ドラ1の待ちテンパイ。

「りっち!」村上の元気な声が対局室に響き渡った。

このリーチに困ったのがセガサミー・近藤。

自身の手にドラが対子で、しかも村上に対する安全牌が無い。

真っ直ぐ手を進めようと打ち出されたを捉えて8000のアガリ。

続く南2局でも村上が果敢に攻める。

巡目は深いが、赤ドラとドラがあるため打点は十分。

1枚切れのを狙ってリーチに踏み切った。

このリーチは上がれずに流局したが、親の近藤を降ろすことに成功した。

このように相手の手を止めることができるのも、リーチのメリットである。

と、ここまでは村上らしい麻雀だと思われたのだが、驚いたのは南3局。

この手牌からを打ち出し、更に亜樹の打ったをポン。

七対子とタンヤオとの両天秤でを打っていく手筋もあるだけに、この選択には少々驚いた。

おそらくラス目である石橋の親を早く流したいことと、をポンすればもポンしやすくなることを考えての仕掛けだろう。

狙い通りもポンしてすぐにのテンパイ。

石橋の親を流すことに成功した。

結果、この半荘は亜樹を捲り切れずに2着だった。

しかし、以上の3局が示す通り、決め手をしっかりとリーチして、鳴きは必要最小限に抑える。そんな村上の堅実な打ち回しが光る半荘となった。

それでは次に、鳴きを多用するプレイヤーの麻雀を見てみよう。

 

【第2戦】

村上からバトンを受けて出場したのは赤坂ドリブンズ・園田賢。

ここまでの成績は8戦を終えて31.4ptとまずまず。

副露率は全体4位の28.42%である。

園田の持ち味は予想外の鳴きから繰り出される「園田マジック」

微差のラス目で迎えた東4局。

ドラのが対子で、が鳴ければ役は出来るが、その他のメンツが苦しいという配牌。一見アガリは遠そうに見えたが…

ここからをポンしてを打っていく。

これはただアガリに近づくためのポンではない。

オタ風をポンすることで他家の出方を伺う、いわば牽制の意味もある。

更にをチーして、場に2枚切れのを打ち出す。

いかにもマンズのホンイツで字牌が余ったような河だ。

ほぼ安全な牌であるを打ってきたことから、他家からはイーシャンテンかテンパイに見えることだろう。

しかしその正体はの後付け。なんと憎らしい鳴き仕掛けだろうか。

このまま3900点の手になるかと思われたが、なんとドラが暗刻に。

これを難なくツモって、

2000-4000のアガリ。

テンパイした後もマンズを切っていないだけに、他家からはマンズのホンイツに思われていたに違いない。

開けられた手を見て、朝倉・勝又・近藤の3人は何を思うだろうか。

もし面前で進めていたら、絶対にこんな手には化けなかっただろう。

まさに「園田マジック」である。

 

そしてトップ目に立った南3局でも園田マジックが炸裂する。

ここから近藤の打ったを両面でチー。

これだけの手材料があり、面前で進めれば跳満まで見える手である。

からは鳴けても、は鳴けないという人も少なくないはず。

普段から遠い仕掛けも織り交ぜている園田だからこそ出来るチーだ。

そして、ドラ3になって真っ直ぐ手を進めていた近藤からをチーしてテンパイまで漕ぎつけた。

 

最後は近藤から打ち出されたを捉えて8000のアガリ。

これには解説の多井も「彼は魔法使いだよ!」と大絶賛。

この2度の満貫のリードを活かして逃げ切った園田が3勝目を挙げた。

鳴きを駆使して相手を牽制し、はたまた油断させてあっという間に高打点を作り出す。そんな園田のクレバーな打ち回しが目立つ半荘となった。

この勝利でドリブンズはプラス域に復帰。

パイレーツがポイントを減らしたため、2~6位のチームが大混戦となっている。

勝利者インタビューでも「今日は自分らしい麻雀が打てた」とはにかむ園田。

ドリブンズの抜群のチームワークについても語りつつ、

「見てもらえる人々に“面白い”と思ってもらえるような麻雀を打っていきたい」

と締めくくった。

果たして次の試合ではどんなマジックを見せてくれるのだろうか。

変幻自在のマジシャン・園田賢、そして赤坂ドリブンズの戦いは続いていく。

真中彰司

関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

【関連記事】
二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】
これが恋なのか… やられても不死鳥の如く蘇る近藤誠一に魅せられて【熱論!Mリーグ】
卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】
進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と 軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】
俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】
“踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】
Mリーグ初役満を無視して考えた。パブリックビューイングは誰のもの?【熱論!Mリーグ】
死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】
“ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】
Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】
近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】
高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】
女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】
もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】
俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】
ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】
狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】
“多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】
白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】
麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】
身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」