鈴木たろう、圧巻の8和了!! シーズン最多の9勝目を獲得!!

鈴木たろう、

圧巻の8和了!!

シーズン最多の

9勝目を獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕80日目、第2戦は鈴木たろう赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。全21局というロングゲームになった第2試合。多井・鈴木のマッチレースとなり、ラス親で鈴木が多井を千切って9勝目をつかんだ。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まり渋谷ABEMAS多井隆晴TEAM RAIDEN / 雷電・瀬戸熊直樹、そして鈴木の4名。

序盤は瀬戸熊がマンガン、2000オールとツモアガってリードを築く。

東3局1本場、親の多井がドラ1・赤1の【4ピン】【7ピン】待ちでリーチをかける。瀬戸熊が【4ソウ】を暗カン、多井の手に新ドラ【6ピン】が1枚乗る。ハイテイが回ってきた多井、見事【4ピン】を引き当てて6000オール! 一気にトップ目に立つ。

しかし鈴木も黙ってはいない。東3局2本場から2000・4000、2000オールとアガって東4局1本場では、瀬戸熊の先制リーチに追いかけて一発で召し捕る。ピンフ・ドラ1・赤1・ウラ1の18000点。これで鈴木が多井をかわしてトップ目に。

南場の親番でも、鈴木は2900、3900とアガリを重ねて多井のハネツモ圏外に逃れる。

南4局3本場では、高宮の先制リーチに【3マン】単騎で追いかけるが、これは返り討ちに合う。8000点を失点するも、余裕の大トップ。鈴木が松ヶ瀬と並ぶ個人9勝目を獲得した。

鈴木はインタビューで、

「(このトップは)大きいですね。トップ取ってやるぞという気持ちだったので多井さんの6000オールはしびれましたね。(残り10戦)やるしかないですね。今日の感じだと行ける気がします」

と語った。

【Result】
1着 鈴木たろう・ドリブンズ 5万6400点/+76.4
2着 多井隆晴・ABEMAS 3万7800点/+17.8
3着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 1万8600点/▲21.4
4着 瀬戸熊直樹・雷電 ▲1万2800点/▲72.8

【Total】
1位 EX風林火山 +415.2(80/90)
2位 U-NEXT Pirates +343.0(80/90)
3位 セガサミーフェニックス +219.0(80/90)
4位 渋谷ABEMAS +199.0(80/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +134.6(80/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ +113.5(80/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲137.5(80/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲1306.8(80/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
2月22日の対戦は赤坂ドリブンズvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

赤坂ドリブンズ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:小林未沙
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!