思考・葛藤・重圧・責任 佐々木寿人、決断までの128秒【Mリーグ2021観戦記2/22】担当記者:東川亮

思考・葛藤・重圧・責任
佐々木寿人
決断までの128秒

文・東川亮【月曜・木曜担当ライター】2022年2月22日

128秒。
大和証券Mリーグ・2月22日の第1試合、佐々木寿人が最終手番に費やした時間である。Mリーガー32名で最も打牌が早いと言われる男による、かつて見たこともないような大長考。このクライマックスに至るまで、約2時間のロングゲームには数々の見せ場やドラマがあった。

第1試合
東家:多井隆晴(渋谷ABEMAS)
南家:村上淳赤坂ドリブンズ
西家:萩原聖人TEAM雷電
北家:佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部

麻雀星人・多井隆晴の地球侵略

Mリーグには、麻雀星人と認定された選手がいる。渋谷ABEMAS多井隆晴である。

麻雀星人は、つまらない手では前に出ない。東3局、村上がポンをした場面。そこそこまとまった多井の手に使い道のなさそうな【1ピン】が訪れるが、多井はそれを切らず、【2マン】を切る。村上の現物である。

残した【1ピン】【3ピン】がくっついて123三色が見える形になったが、多井はメンツを壊す【2マン】切り。自身の手は未だメンツ一つ、アガリまでは遠そうで高打点にならない可能性も高い一方、子方で役牌1鳴きの村上は打点も形もまずまずありそう。そんな読みから、村上に鳴かれそうな【1ピン】をケアした、ということだろうか。

村上は赤赤の手牌で、【1ピン】はポンできる牌だった。自身の手格好で【1ピン】を鳴かせてしまう打ち手が大半だと思われるが、自分と相手の手材料や進行具合を総合的に見極め、価値の低い手を思い切って見切るところが、多井の高い守備力を支えている。

東3局1本場では、ドラ受けのペンチャンターツを残して【3マン】【2マン】と切っていく。【1マン】が3枚切れていて価値が大きく下がっているが、それでも思い切った進行。そもそも2巡目の白をスルーしており、この手はドラ【3ソウ】が入った好形テンパイのときだけ前に出る、という進行。

狙いの【3ソウ】を引き入れて俄然やる気に。

そして絶好の【7ソウ】を引き入れてリャンメン待ちリーチをかけ、

追い付いていた村上から【8マン】を捉え、2600は2900。

局は進み、南1局1本場。多井が打点は安いながらも3局連続でアガリを決め、トップまであとわずかのところまで迫っている。ドラドラ含み、4トイツでチートイツも視野に入る手牌から、【7ピン】を引いて打【6ピン】【北】のトイツで守備力を確保しながら、アガリやすさを求めてタンヤオ方向にかじを切る。攻撃と守備のバランスを取った進行。

その後、萩原の先制リーチがかかるが、多井も追い付く。現物【5ソウ】を切って【6ソウ】【8マン】のシャンポン待ちか、片スジの【6ソウ】を打っての【4ソウ】【7ソウ】待ちか。

多井の選択は、ドラ切りリーチ。ドラ【6ソウ】が3枚見えで【4ソウ】【7ソウ】の景色が少し良さそうに見えたか。打点が狙えるときは強気に攻める。多井は守ってばかりの打ち手ではないのだ。

直後に村上も追っかけリーチをかけて3軒リーチ対決になるが、ここは多井が萩原の【4ソウ】を捉えて7700は8000。

麻雀星人強し。
だが、このままやすやすとやられてばかりのMリーガーたちではなかった。

リーチ超人・村上淳の矜持

南2局4本場。村上の手は赤赤で形もまとまっている。【白】をポンして役をつければ、アガリまで近そうな形。

そこへ多井から切られた【3ピン】【3ピン】【6ピン】は村上の目から4枚見え。これを仕掛けて【白】後付け、あるいはタンヤオでアガリを狙う打ち手も多そうだ。

村上は平然と見送り、牌山に手を伸ばした。自身は4番手で親番、チームのポイント状況を考えれば、2着すら受け入れがたい。トップを狙うために、ここは目先のアガリではなく、高打点を目指した。

寿人から切られた【白】もスルー。

そして引き入れた【3マン】で、三色赤赤での満貫・ハネ満もくっきりと見えるようになった。

この【7ピン】を萩原がチー。【南】も鳴いており、ダブ【南】チャンタドラの満貫テンパイ。

しばらく形が変わらなかった村上だが、【2ピン】を引いて1シャンテンが広くなった。【白】のポンテンもかけられるようになったことから【5マン】切り。【6マン】が3枚切れており、マンズの伸びは少々厳しい。

そこに、選択を投げかけるような【4マン】引き。【6マン】【5マン】が通っており、マンズであれば【1マン】【4マン】【7マン】のスジの濃度は上がっている。【4マン】での放銃はドラが絡んで打点もありそうだが、それでも形で打っておかしくない。

しかし、村上は打たない。【白】のトイツ落としでいったん迂回。もちろん遠回りにはなるが、危ないと思った牌は、形や状況に甘えずしっかりと抑えこむ。点数がない状況の親番で、なお我慢ができる強靱な精神力。決して弱気ではなく、自身の読み、引いては自身の麻雀に自信があるからこその選択だったと思う。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!