このチャンスで結果を出し、RMUの若手に刺激を与えたい EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション【松ヶ瀬隆弥インタビュー】

このチャンスで結果を出し、

RMUの若手に

刺激を与えたい 

EX風林火山ドラフト会議

指名選手オーディション

【松ヶ瀬隆弥インタビュー】

松ヶ瀬隆弥(RMU)

Twitter:https://twitter.com/akayakokushim

 

-今回、オーディションをやると聞いたときの印象から伺えますか。

平等にチャンスが来た、という印象がまずあります。Mリーガーは選ばれなければなれなかったものが、今回だと分かりやすくて、勝てば指名してもらえます。すごくいいチャンスだと思ったのが一番大きいですね。選ばれるのを待っているといつになるか分からないような状態なので、個人でチャンスがあるなら自分からチャレンジした方がいいと思いました。

-松ヶ瀬プロの所属するRMUでは、多井隆晴プロがMリーグで大活躍している一方、次世代の選手の台頭が待たれるところがあるように思います。

まだ、若手のことを知っている人が少ない現状があります。僕は少しずついろいろな機会をもらえるようになり、それなりに表には出られるようになったんですけど、まだ「多井隆晴一強」みたいなイメージがすごく強いじゃないですか。だから今回こういうところで自分が勝って、RMUから2人目が出た、となると、RMUの若い選手たちにもすごくいい刺激にもなり、モチベーションにもつながると思っています。自分は麻雀で生きていきたいという思いがあって麻雀プロになっているので、できれば自分がなりたいという思いは強いですし、自分が先頭に立って頑張らないといけないという思いもあります。

-今回は、他団体のタイトルホルダーもたくさん参加されています。

多くの回数をやれば実績のある強い人たちが有利だと思いますけど、16回の予選で6名通過となると、全員平等にチャンスがあって、もちろん自分にもチャンスは来るのではないかと思っています。

-ファンの方からかけられた言葉などは。

いろいろな方に、頑張って勝ってMリーグに入って、という応援をいただきました。その方々のためにも、ぜひ勝ちたいと思っています。

-最後に、意気込みをお願いします。

こういったチャンスで、団体の推薦もいただいているので、それに恥じない結果を出したいです。最悪でも決勝には残りたいですね。自分をアピールする場をもらえることはすごく大きいですし、勝たないと自分をアピールする場にもたどり着けません。この予選は、スタートラインに立てるかどうかの戦いをやっているイメージです。スタートラインには絶対に立ちたいです。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!