VTuber千羽黒乃の麻雀講座【第49回】これで打点マスター!「シンデレラの牌」!

やっほーい! 儂じゃよー! 今日も元気に3000・6000!
麻雀歴1000年の鴉天狗、千羽黒乃が今週もキンマwebに参上じゃ!

前回のコラムでは、鳴いている相手に通る牌は「上家から何を鳴いていないか」に注目すれば分かるとお話したのじゃ! たとえ現物がなくとも、上家の河を見れば通せる牌はぐっと増える、すぐに使える守備の知識。ぜひ読んでほしいのじゃ!

VTuber千羽黒乃の麻雀講座【第48回】 鳴いてる人の「上家」の捨て牌に注目じゃ!

手役を作るのは難しい?

お主は「手役」は好きかのう? 儂は大好きじゃ!
なかでも三色同順や一気通貫といった門前で作る二翻役は見た目にも美しく、破壊力も抜群✨🀄!
じゃが、こうした役は狙って作るのはなかなかに難しいものじゃ。リーチはかけられるようになったけど、狙って手役を作れない・アガっても打点が伸びない! そんなお主の悩みを解決し、手役を目指すのが楽しくなるテクニックを今日は紹介するのじゃ~!

高打点の手役をアガるコツ、それは…シンデレラの牌を大事にすることじゃ!

説明! シンデレラの牌とは!

シンデレラの牌とは、「打点アップの可能性を秘めた牌」のことじゃ!
まずはこんなイーシャンテンのとき、お主はどんなことを考えるかのう?

【2マン】【3マン】【6マン】【7マン】【8マン】【1ピン】【2ピン】【3ピン】【赤5ピン】【6ソウ】【8ソウ】【西】【西】 南家ドラ【5ピン】

【1マン】【4マン】14mと【7ソウ】7sの受けが残ったイーシャンテンではあるものの、今のままだと打点が低い手格好じゃ。
しかし、ダブドラである【赤5ピン】にくっつけば一気にドラ+赤で2翻アップ! こうした【赤5ピン】は打点アップと好形変化を求めて、おそらく誰もがテンパイまで引っ張る牌じゃろう。

では、こんなイーシャンテンのときはどうかのう?

【2マン】【3マン】【2ピン】【3ピン】【4ピン】【5ピン】【6ピン】【7ピン】【9ピン】【6ソウ】【8ソウ】【西】【西】 南家ドラ【1ソウ】

先程と同じく【1マン】【4マン】【7ソウ】の受けが残ったドラなしの一向聴じゃが、今度は浮き牌【9ピン】じゃ。
この【9ピン】、赤でもドラでもなく目立たない端っこの牌なので、ふっと切ってしまいそうになる牌じゃが、実は先程の【赤5ピン】に負けないくらいすごく価値のある「シンデレラ」であることに気付いたのじゃ?

なぜなら、【1ピン】、または【8ピン】をツモることができれば筒子の一気通貫のイーシャンテンになるため、打点を一気に+2翻することができるからじゃ!シンデレラの牌

つまり、【9ピン】はいまはひとりぼっちの灰被りじゃが、【1ピン】【8ピン】というカボチャの馬車が来れば、一手で誰もが羨む美しい変化を遂げるのじゃ。ドラではないけれど、大きな打点アップの可能性を秘めたさまはまさしく「シンデレラ」と呼ぶべき牌!

特定の牌を引けば2枚で+2翻分の価値があるターツに早変わりすること、残してもドラほど危険にはなりずらいことから、こうした牌は「自分だけのドラ」なんて呼ぶこともできるのじゃ。

カボチャの馬車が来るかどうかはわからないけれど、いつ迎えに来てもいいように、こうしたシンデレラを見逃さずに残しておくことが高打点の手役を狙うコツなのじゃ!

様々なシンデレラを紹介じゃ?

そして、麻雀にさまざまな手役があるように、シンデレラにもいくつか種類があるのじゃ。いまご紹介したのは一気通貫の変化をもたらす一通シンデレラ! 続いてご紹介するのは、三色のシンデレラじゃ。今度はどの牌がシンデレラになっているか分かるかのう?

【2マン】【3マン】【5マン】【5マン】【5マン】【1ピン】【2ピン】【3ピン】【3ソウ】【6ソウ】【8ソウ】【西】【西】 南家ドラ【9マン】

そう、【3ソウ】じゃな!
今回も【1マン】【4マン】【7ソウ】の受けが残った一向聴じゃが、【1ソウ】【2ソウ】というカボチャの馬車がくれば三色同順が高確率で狙えるため打点を+2翻することができるのじゃ!

続いてはこちらの手! 今度は役のヒントも無しじゃ。さてさて、シンデレラはどの子か分かるかのう?

【1マン】【3マン】【7マン】【8マン】【9マン】【1ピン】【1ピン】【7ピン】【8ピン】【9ピン】【4ソウ】【6ソウ】【9ソウ】 南家ドラ【西】

うむ、その通り。【9ソウ】じゃな! ぴんぽんぴんぽん大正解じゃ~👏✨!
現状はリーチのみのイーシャンテンじゃが、【9ソウ】にくっつく【7ソウ】【8ソウ】を引いてくれば純チャン三色となり+5翻の変化を遂げるのじゃ。

純チャンシンデレラと三色シンデレラを兼ね備えた、まさにシンデレラのなかのシンデレラ! スーパーウルトラシンデレラと呼ぶべき牌なのじゃ~!見逃すな

また、この考え方は鳴いた手でも有効じゃ。

【3マン】【3マン】【5マン】【6マン】【6マン】【7マン】【6ピン】【8ピン】【白】【白】【中】【中】【中】  南家 ドラ【9ソウ】

【3マン】【白】のシャンポンとカン【7ピン】の受けが残ったイーシャンテン、この手の「シンデレラ」は誰かのう?
【6マン】は一見不要な牌に見えるかもしれないけど、この【6マン】こそが今回の「シンデレラ」!

【4マン】【5マン】【6マン】【7マン】【8マン】ツモで混一色となり、打点が+2翻! 一気に満貫クラスの和了が目指せるイーシャンテンになるのじゃ!

シンデレラには「役を付ける」メリットも!

また、シンデレラの牌を残すメリットは打点をアップさせるだけではなく、仕掛けが聞くようになる効果もあるのじゃ!

アガリトップのオーラスで以下のような手牌のときも

【2マン】【3マン】【2ピン】【3ピン】【4ピン】【5ピン】【6ピン】【7ピン】【9ピン】【8ソウ】【9ソウ】【西】【西】 南家 ドラ【1ソウ】

この手の【9ピン】は「シンデレラ」として大事にしたい牌。
なぜなら、【1ピン】【8ピン】をチーすることによってイーシャンテンは変わらないものの、一気通貫の役をつけることができ、鳴いて手を進められるようになるのじゃ。

このようにシンデレラは、ときに鳴いて速攻を目指すときにも役に立つのじゃ!

今回のまとめじゃ!

・シンデレラの牌とは「ドラではないけれど打点アップの可能性を秘めた牌」のことじゃ!
・主なシンデレラは「三色」「一気通貫」「チャンタ」「ホンイツ」じゃ!
・シンデレラは打点アップだけではなく、鳴いて速攻を狙うときにも役に立つのじゃ!

千羽黒乃のTwitter

千羽黒乃のYoutubeチャンネル

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!