風林火山なら火のイメージ、最後まで諦めない姿を見せる EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション【浅井裕介インタビュー】

風林火山なら火のイメージ、

最後まで諦めない姿を見せる 

EX風林火山ドラフト会議

指名選手オーディション

【浅井裕介インタビュー】

浅井裕介(最高位戦日本プロ麻雀協会)

Twitter:https://twitter.com/asaiyusuke

 

-今回、参加するにあたっての思いからお聞かせください。

当然、Mリーガーになりたい思いはあります。ただ、僕より強い麻雀プロは残念ながらそれなりの人数がいらっしゃると思っていますし、また僕よりも価値のある、発信力のあるプレーヤーももちろんいらっしゃいます。だけどそれを高いレベルで共存している人はあまりいないですし、僕はそれができると思っていて、EX風林火山さんがほしい人材として自分がマッチしている、Mリーグに貢献できる存在だと思っています。自信はあります。

-髪の毛も赤くされていますね。

完全に、心から染まってきました(笑)。

-EX風林火山というチームはどのようにご覧になっていましたか。

見ている限りでは、少し守備寄りのチームだと思っています。レギュラーシーズンはかなり守備的に戦って、最後の方、大事な状況になって初めて牙をむく、みたいな感じのイメージを今年は強く受けました。

-ご自身の麻雀はいかがですか。

だいぶ違います。圧倒的に、僕は攻撃寄りです。打点を狙うのもそうですし、終盤に形式テンパイを取って粘り込むようなこともしていきます。常に局に参加できるような麻雀を打っているつもりです。なるべく背中を見せないよう、自分がいると思わせた方が相手もやりづらいと思っているので、それを心掛けています。風林火山で言えば「火」のイメージです。

-今回はたくさんの打ち手がいる中で、トータルで1位にならなければいけません。

麻雀の性質上、僕は絶対に勝てるとは言えません。ただ、一番勝ちやすいように選択を変えて打ちますし、それが一番勝ちにつながると思っています。上を目指すためには当然前掛かりにはなるので、普段の麻雀とは言い難いですけど、条件に合わせた麻雀もできるプレーヤーだと思ってもらえるようにやりたいと思います。

-麻雀ファンの皆さんに向けて、アピールをお願いします。

今回、EX風林火山のファンで、僕に入ってほしいという方が結構いたんです。僕のことを応援してくれている麻雀ファンの存在を感じられたので、その時点で、今回の企画は本当にありがたいと思っています。たとえ負けるにしても、諦めている姿は絶対に見せない、最後まで戦っている姿を見せたいと思っています。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!