鈴木たろう、欲張りなトップでファイナル進出に近づく!!

鈴木たろう、
欲張りなトップで
ファイナル進出に近づく!!

1月31日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
2回戦は、赤坂ドリブンズ鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)がトップを獲得。
鈴木は10勝目、チームは23勝目をあげた。

対局者は、
U-NEXT Pirates小林剛(麻将連合)、
渋谷ABEMAS多井隆晴(RMU)、
TEAM雷電瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)、
そして鈴木。

並びは、瀬戸熊・鈴木・多井・小林。

東2局1本場、小林がチートイツ・ドラ2・赤1でリーチをかけると、勝負手の瀬戸熊が放銃
12000のアガリで小林がリードする。

次局は瀬戸熊のリーチに追いかけた多井が一発ツモ。
ドラ1の4000オールでトップ目に立つ。

南2局、鈴木が親番でリーチ・一発・ツモ・の4000オールでトップ争いに参戦。

同一本場では、鈴木がタンヤオ含みのフリテンリーチを敢行。
見事をツモアガリ、ピンフタンヤオ・ドラ1・赤1の6000オールで一気に逆転。

南4局、ラス目の瀬戸熊がツモリ四暗刻のリーチをかけるも、鈴木からの出和了りで8000点。
鈴木は振りトップで10勝目をあげた。

鈴木は勝利者インタビューで、
「チームが混戦に巻き込まれそうで、不安な感じになってたんでこのトップは大きいと思います。残り10戦で、負けが続いちゃうとファイナルに行けない可能性もあるので、チームメイトの間でも不安になってましたね。今日トップが取れたので、また欲張りにポイントを積み上げてファイナルに行けるように頑張ります。」
と語った。

【Result】
1着 赤坂ドリブンズ鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)4万7200点/+67.2
2着 渋谷ABEMAS多井隆晴(RMU)3万4100点/+14.1
3着 U-NEXT Pirates小林剛(麻将連合)3万1800点/▲8.2
4着 TEAM雷電瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)▲1万3100点/▲73.1

【Total】
1位 EX風林火山 +358.0(72/80)
2位 赤坂ドリブンズ +168.0(72/80)
3位 U-NEXT Pirates +1.1(72/80)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲44.1(74/80)
5位 渋谷ABEMAS ▲53.7(70/80)
6位 セガサミーフェニックス ▲187.5(72/80)
7位 TEAM雷電 ▲241.8(72/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvs雷電vsPirates

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

  • 最新の麻雀・Mリーグ情報をいち早くお届け!