朝倉康心、「鳥肌が立つくらい嬉しい」逆転勝利!! 総合プラスの3位に!!

朝倉康心、
「鳥肌が立つくらい嬉しい」逆転勝利!!
総合プラスの3位に!!

1月31日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
1回戦は、U-NEXT Pirates朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)がオーラスの逆転でトップを獲得。
朝倉個人は6勝目、チームは14勝目となり、総合プラスの3位に浮上した。

対局者は、
渋谷ABEMAS多井隆晴(RMU)、
TEAM雷電黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)、
赤坂ドリブンズ村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
そして朝倉。

並びは、多井・朝倉・村上・黒沢。

東1局、起家の多井がタンヤオ・ドラ3の4000オールで先行する。

南2局の朝倉の親番。
村上にダブルリーチの手が入るが、村上は打点と良形を求めてリーチせず。
親の朝倉がをポンして、マンズのホンイツ狙い。
のシャンポン待ちでテンパイ。ドラは
赤2枚の手牌から、黒沢がを切って18000の放銃になり、朝倉が一気に多井に迫る。

オーラス、トップ多井と2位朝倉の点差は6200点。
多井がを含む3フーロのテンパイで逃げ切りを図る。
それを逃さじと、朝倉もチャンタで対抗。
チャンタ・ドラ2のペン待ちで勝負をかける。
そこへ親の黒沢が、カン待ちでリーチという三つ巴。
結果は、黒沢が4枚目のを掴んでしまい、朝倉のアガリに。

パイレーツは、トータルポイントをプラスとし、順位も3位に浮上となる、大きなトップを獲得した。

朝倉は勝利者インタビューでは、
「残り数少ない試合で、人生が変わるという気持ちで臨みました。(オーラスは)1300・2600条件だったんですけど、配牌が悪すぎてブラフじかけも考えてました。帰ってきたが場況がよく、ドラが重なりチャンタでも条件クリアの手になったので、うまくいきました。とにかく気を抜かずに、チーム3人で頑張っていきたいと思います。」
と語った。

【Result】
1着 U-NEXT Pirates朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)3万5700点/+64.8
2着 渋谷ABEMAS多井隆晴(RMU)4万2000点/+22.0
3着 赤坂ドリブンズ村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)1万9900点/▲20.1
4着 TEAM雷電黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)▲6700点/▲66.7

【Total】
1位 EX風林火山 +358.0(72/80)
2位 赤坂ドリブンズ +100.8(71/80)
3位 U-NEXT Pirates +9.3(71/80)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲44.1(74/80)
5位 渋谷ABEMAS ▲67.8(69/80)
6位 TEAM雷電 ▲168.7(71/80)
7位 セガサミーフェニックス ▲187.5(72/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvs雷電vsPirates

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!