堅実な守備と一撃必殺、インテル多井カテナチオ【Mリーグ2021観戦記1/21】担当記者:越野智紀

堅実な守備と

一撃必殺、

インテル多井カテナチオ

文・越野智紀【金曜担当ライター】2022年1月21日

【第1試合】

東家:黒沢咲TEAM RAIDEN / 雷電)
南家:多井隆晴渋谷ABEMAS
西家:内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ
北家:瑞原明奈U-NEXT Pirates

アガリは麻雀の華です。

特に手役が絡んだ綺麗な手を決めることが出来れば爽快感があります。

一方で地味な作業の守備。

他家それぞれの様子を伺いながら、手を進めたくない相手には絞ったり安そうな人には鳴かせたり手順を工夫して山読みを狂わせたり一発を消したりハイテイをずらしたり… と少しでも失点を減らすために身を削ります。

苦労に割には観ている人に伝わりづらいです。

多くの人は爽快感を求めてアガるための努力をするところ、配牌からオリる技術など報われにくい守備の研究を続けてきたのが渋谷ABEMAS多井隆晴

その研究の成果からディフェンスに定評のある多井は、過去3年のレギュラーシーズンでトータル成績が+922.1ポイントと、群を抜いた安定感で毎年チームをファイナルに進出させる原動力となっています。

この試合でも高い守備意識を見せ続けた多井。

東1局は【6ソウ】【9ソウ】が薄くなったところで【8ピン】切り。

東2局も直線的には手を進めず

黒沢のリーチを受け、重なったダブ【東】をトイツ落とし

東4局1本場。

2枚目の【中】を打たれても興味なし。

場況が悪いと見た【4マン】のくっつきも興味なし。

南1局。

瑞原のリーチを受け【發】【7ピン】を切らずに黒沢への安全牌を残して【4ピン】切る多井、ヤバイ超受ける。

一方で個人首位と好調なU-NEXT Piratesの瑞原は、

このドラ4枚使いのリーチをツモってハネマンのアガリ。

5巡目にマンズの下の場況良しと判断し、直線的に【6マン】を切った選択が見事に決まって今日も絶好調です。

南2局、多井の親番。

ここまで手数が少なくても多井が強者たる理由は、その鋭い攻めにあります。

打点を見てイーシャンテン取らずの【1ピン】切り。

直線的な打ち筋でハネマンをアガった瑞原に対し、多井はゆったりと構えます。

タンヤオで仕掛ける気ゼロな多井は456の三色やドラを絡めての高打点を狙った【2ピン】切り。

この局を勝負局と見たか攻撃重視の選択が続き

内川のリーチ後にドラを重ねた多井に

最高のテンパイが入りました。

他家が内川の現物で多井に通っていない【9ソウ】【3ソウ】を切っていたこともあり、【3ピン】出アガリも期待出来るとダマテンを選択すると

この試合で唯一入った勝負局をものした多井が6,000オールのアガリ。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!