沢崎誠、接戦を制して、サクラナイツ3勝目!! 麻雀格闘倶楽部をかわして3位浮上!!

沢崎誠、
接戦を制して、
サクラナイツ3勝目!!
麻雀格闘倶楽部をかわして
3位浮上!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の5日目第1戦は、沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ)がトップを獲得。

試合はいっとき白鳥が抜け出すが、非常に拮抗した展開となる。南場で瀬戸熊の親に挑んで討ち取った沢崎が、オーラスまで逃げ切ってサクラナイツにセミファイナル3勝目をもたらし、3位にランクアップとなった。

1回戦の対局者は、渋谷ABEMAS白鳥翔TEAM雷電瀬戸熊直樹U-NEXT Pirates瑞原明奈そして沢崎。

東1局、北家で先制テンパイを入れた沢崎は7巡目に待ちでリーチをかける。ドラはないものの一発ツモで1000・2000。幸先の良いスタートを切る。

東3局は、親の白鳥と瑞原のリーチ合戦。親リーチにカン待ちで果敢に追いかけた瑞原だったが、結果は白鳥のツモアガリ。タンヤオピンフ・赤1の4000オールで、白鳥が大きくリードする。

同1本場、白鳥はカン待ちで4巡目にリーチ。ドラ2・赤1の親マンガンが確定している。この乗ってる親に立ち向かったのが沢崎。12巡目に追いかけリーチをかけて、見事白鳥から討ち取りに成功する。リーチ・ピンフの2000点と手は安いが、結果的にこのアガリが白鳥のトップを阻むことになる。

東4局1本場、白鳥は瑞原の2フーロのホンイツのマンガンに放銃し、一気に場は平たくなる。

ここで抜け出したのが沢崎。南1局2本場、親の瀬戸熊の仕掛けに自らも参戦。ポン・ドラチーで真っ向勝負。赤1のこの手を瀬戸熊から討ち取り、沢崎がハナ差で抜け出す。

オーラス2本場、ラス親の沢崎はチャンタ風に2つ仕掛けて4巡目にテンパイ。役は後付け。そこに白鳥の待ちリーチが襲いかかる。一発かウラが1枚乗れば逆転という手だったが、瀬戸熊からアガッてウラはなし。沢崎の逃げ切りトップとなった。

勝利者インタビューで沢崎は「とっても嬉しいですね。あんまり接戦すぎて疲れました。(上下に)千切れると楽なんですけどね。千切られると危ないですから、いい位置取りであればいいかなと思ってましたと語った。

【Result】
1着 沢崎誠サクラナイツ 3万1900点/+51.9
2着 白鳥翔・ABEMAS 2万8100点/+8.1
3着 瑞原明奈・パイレーツ 2万6200点/▲13.8
4着 瀬戸熊直樹・雷電 1万3800点/▲46.2

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +175.2(6/16)
2位 渋谷ABEMAS +146.7(7/16)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +141.9(5/16)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +98.6(6/16)
5位 U-NEXT Pirates +29.8(5/16)
6位 TEAM雷電 ▲226.8(7/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月21日の対戦は
渋谷ABEMASvsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

渋谷ABEMAS
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:滝沢和典
二階堂亜樹
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ5日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!