萩原聖人、オーラス逆転トップで雷電、セミファイナル初トップ!!

萩原聖人、
オーラス逆転トップで
雷電、セミファイナル初トップ!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」の5日目第2戦は、萩原聖人TEAM雷電)がトップを獲得。

東場は小林が大きくリードする展開。南場の親でマンガンをツモった萩原が、オーラス2着目から差し切って逆転トップ。雷電にセミファイナル8戦目にしての初トップをもたらした。

2回戦の対局者は、渋谷ABEMAS白鳥翔KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠U-NEXT Pirates小林剛、そして萩原。

東1局と東2局は、小林がアガッて早々に4万点台に乗せる。

東3局5本場には、白鳥のリーチに追いかけた小林が、白鳥から一発で討ち取る。ピンフ・ドラ1の8000点。試合は完全に小林のペース。

南1局、2着目ながら小林に大差をつけられた親の萩原。13巡目にドラ1の手をカン待ちでリーチ。首尾よくツモってウラが1枚乗る。この1枚が大きい。4000オールで小林を追撃する。

南2局、萩原はタンヤオピンフ・赤2のヤミテンを白鳥からアガって8000点。これで小林とほぼ並びとなる。

南3局、白鳥に小四喜のイーシャンテンの手が入るが、小林のタンヤオチートイツの3200に放銃して夢は潰える。

オーラス、トップ小林と2着萩原の点差は3800。萩原はをポンして赤2のテンパイ。単騎待ちから待ちにチェンジして、ほどなくをツモって逆転トップ。

萩原が、雷電に嬉しいセミファイナル初トップを持ち帰った。

勝利者インタビューで萩原は「本当にありがとうございます。まだまだ状況は苦しいですけど、セミファイナルの火を消さないように、まずはプラスを持ち帰ろうと、それだけを考えていました。大事な時期に試合に来れなくて、瀬戸熊さんとお嬢(黒沢選手)には負担をかけっぱなしだったんですけど、まだまだ雷電終わってないぞという気持ちで次も頑張ろうと思いますと語った。

【Result】
1着 萩原聖人TEAM雷電 5万1800点/+71.8
2着 小林剛・パイレーツ 5万600点/+30.6
3着 内川幸太郎サクラナイツ 1万4700点/▲25.3
4着 白鳥翔・ABEMAS ▲1万7100点/▲77.1

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +175.2(6/16)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +116.6(6/16)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +98.6(6/16)
4位 渋谷ABEMAS +69.6(8/16)
5位 U-NEXT Pirates +60.4(6/16)
6位 TEAM雷電 ▲155.0(8/16)
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」

3月21日の対戦は
渋谷ABEMASvsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

セミファイナルシリーズは、
レギュラーシーズンのスコアを半分持ち越し6チームによる対戦を行い、各チーム16戦を行う。上位4チームがファイナルシリーズへ進みます。

キャスト

渋谷ABEMAS
KADOKAWAサクラナイツ
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:滝沢和典
二階堂亜樹
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ5日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!