二階堂亜樹、12000を3発決めて快勝!! 風林火山は3位に浮上し、上位陣は大混戦に!!

二階堂亜樹、

12000を3発決めて快勝!!

風林火山は3位に浮上し、

上位陣は大混戦に!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕64日目、第2戦は二階堂亜樹EX風林火山)が、トップを獲得。子でハネマン、親で2度のマンガンをツモアガった二階堂が快勝。個人は今季2勝目、チームは17勝目となり、風林火山はトータル3位に浮上した。

第2戦の対局者は、セガサミーフェニックス魚谷侑未TEAM RAIDEN / 雷電・黒沢咲U-NEXT Pirates小林剛、そして二階堂の4名。

東1局、西家・黒沢が10巡目にリーチ。ピンフ・ドラ1・赤1の【3ソウ】【6ソウ】待ち。2巡後に、北家の魚谷が追いつくがリーチ宣言牌が【3ソウ】で御用に。黒沢が8000点の好スタートで、雷電に同日2連勝の気配が匂い立つ。

東2局1本場、北家・二階堂が7巡目にリーチ宣言。ピンフイーペーコー【5マン】【8マン】待ち。二階堂、一発で【赤5マン】を引き当てて3000・6000。一発でトップ目が入れ替わる。

南1局、親の二階堂は7巡目に【6マン】【9マン】待ちの先制リーチ。そこに魚谷が【3ピン】を暗カンして追いかけリーチをかける。待ちは【2マン】【5マン】。結果は二階堂のツモアガリ。【6マン】をツモってピンフ・ドラ1・ウラ1の4000オール。

さらに1本場、【白】を鳴いた二階堂は【5ピン】【8ピン】待ちのトイトイ・ツモリ三暗刻のテンパイ。【8ピン】をツモってさらに4000オールを上乗せし、6万点オーバーに。

2着には、ラス前1本場の親番で3200オールを決めた黒沢が、3着は同2本場に黒沢からホンイツ【白】・赤1の8000点をアガった小林が滑り込んだ。

二階堂は2021年の10月以来のトップで、今季2勝目を獲得となった。

二階堂はインタビューで、

「今日は誰が打ってもトップなんじゃないかっていうくらい、めちゃくちゃ手が入ってましたからねぇ、本当についてましたね(笑)」

と語った。

【Result】
1着 二階堂亜樹・風林火山 5万3800点/+73.8
2着 黒沢咲・雷電 3万400点/+10.4
3着 小林剛・パイレーツ 8100点/▲31.9
4着 魚谷侑未・フェニックス 7700点/▲52.3

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +264.1(64/90)
2位 U-NEXT Pirates +227.6(64/90)
3位 EX風林火山 +192.3(64/90)
4位 渋谷ABEMAS +152.3(64/90)
5位 セガサミーフェニックス +50.2(64/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲30.4(64/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲74.2(64/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲801.9(64/90)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsフェニックスvs雷電vsPirates

詳細情報
EX風林火山vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
1月25日の対戦は大和証券 Mリーグ EX風林火山vsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:松本吉弘
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ 風林火山vsフェニックスvs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊