滝沢和典、2連勝!! 開局の猛連荘で他の追随を許さず、個人4勝目獲得!!

滝沢和典、2連勝!!

開局の猛連荘で

他の追随を許さず、

個人4勝目獲得!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕30日目、第2戦は滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。起家の滝沢がいきなりの猛連荘で5万点オーバーに。終盤で二階堂が迫るも、そのまま逃げ切って滝沢が2連勝。1戦目の佐々木の敗戦を雪ぐ結果となった。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ丸山奏子EX風林火山二階堂亜樹渋谷ABEMAS日向藍子、そして滝沢の4名。

東1局、丸山がドラの【東】を仕掛けてカン【3ソウ】待ち。二階堂が赤1の【3マン】【6マン】待ちリーチ。18巡目、親の滝沢はタンヤオイーペーコーのカン【4ピン】待ちをすでにテンパイしており、ツモ切りリーチを敢行。

ハイテイ牌をツモった日向が手詰まり、中筋となった【4ピン】が放たれる。リーチ・一発・タンヤオホウテイイーペーコーの12000点。

滝沢・日向の2人テンパイの流局を挟んだ2本場、二階堂がツモリ四暗刻のリーチ。滝沢・丸山も追いかけリーチで三つ巴となるが、滝沢のツモで決着。赤1の2000オールとリーチ棒を回収する。

3本場では【發】を鳴いてホンイツの2000オールを加点して5万点オーバーに。

南場の親番でリーチ・ツモ・ドラ1・ウラ1の4000オールをアガった二階堂が、滝沢への挑戦権を得るが、オーラスは滝沢が、ピンフ・ドラ1・赤2の2000・4000ツモ。自らマンガンを加点して駄目押しの試合終了。滝沢は個人2連勝、4勝目を獲得した。

滝沢はインタビューで、

「(個人2連勝について)言われて気づくことが多いんですけど、3連勝したぐらいから意識するかもしれないです。(300ポイント超えについて)怖がらずに打てるのは大事なことかと思います。後半戦に向けていい位置に付けられたかなと思います」

と語った。

【Result】
1着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 4万6700点/+66.7
2着 二階堂亜樹・風林火山 2万8000点/+8.0
3着 日向藍子・ABEMAS 1万5000点/▲25.0
4着 丸山奏子・ドリブンズ 1万300点/▲49.7

【Total】
1位 EX風林火山 +532.4(30/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +336.5(30/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +212.0(30/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲42.0(30/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲142.3(30/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲229.3(30/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲247.8(30/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲419.5(30/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月23日の対戦は赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
実況:日吉辰哉
解説:藤崎智
レポーター:伊藤友里
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!