それは「理」なのか「オカルト」なのか…卓上を席巻するモンスター・沢崎誠、驚異のビタ止め!【熱論!Mリーグ】担当記者:東川亮

熱論!Mリーグ【Sat】

それは「理」なのか

「オカルト」なのか…

卓上を席巻するモンスター・

沢崎誠、驚異のビタ止め!

文・東川亮/2020年3月29日

「Mリーグ2019 朝日新聞セミファイナルシリーズ」も、いよいよ最終局面を迎えた。

4位までがファイナルに勝ち進めるという状況の中、現状では4位・U-NEXT Piratesと5位・TEAM雷電が最後の椅子を争うという様相を呈してきている。

 

3/29、3/30で行われるこの2チームの直接対決。

第1ラウンドとなるこの日の第1回戦は、オーラスで雷電の黒沢咲が直接のライバル・パイレーツの小林剛への満貫直撃で逆転トップという、劇的な幕切れを迎えた。

第1試合を終えての順位がこちら。

雷電が一気にパイレーツをまくるのか、パイレーツが4位を死守するのか。

はたまた、連闘の佐々木寿人が希望をつなぐトップを取るのか。

今シーズン最後となる、週末開催のMリーグ。

希望を抱く3者の前には、老練かつ強大な「モンスター」の姿があった。

第2回戦

東家:石橋伸洋U-NEXT Pirates

南家:沢崎誠サクラナイツ

西家:佐々木寿人麻雀格闘倶楽部

北家:萩原聖人TEAM雷電

石橋、沢崎の2人テンパイで迎えた東1局1本場

3巡目に、沢崎がカンチーで仕掛ける。

他家の目からは、この時点でタンヤオが否定され、役牌が絡んでいない限りは、ホンイツチャンタ、三色、一気通貫など、形がある程度分かりやすい手役に限定される。

沢崎の切り出しを見るとピンズの一色手が想定されるが、実はジュンチャンドラドラという大物手、これを7巡目にテンパイ。

そこに萩原からのリーチがかかると、石橋は萩原の現物をスッと切った。

これが沢崎のペン待ちにヒット。

マムシの罠が石橋を捉え、8000は8300を飲み込んだ。

これには石橋も、「やってねぇよ」とばかりにこの表情。

しかし、セミファイナルで3勝2着1回と絶好調の石橋も、このままでは終わらない。

次局に先制リーチを打って満貫のツモアガリ。

リーチの前巡には仕掛けを入れている親の沢崎に対し、真っすぐドラを打ってイーシャンテンに取っている。

素直な手組みに手もついてきている感じだ。

しかし、試合はやはり沢崎ペースだった。

東4局1本場、沢崎はピンズ、ソーズを払って一気にマンズの一色手に寄せていくものの、のポンはせず、から仕掛ける。

マンズの染め手だと見せてしまうと字牌を絞られてしまうという、繊細な判断だ。

そこから首尾良くを引いてテンパイし、ホンイツ・赤・ドラの満貫をツモアガリ。

トップが欲しい3者を尻目に、悠々と点棒を稼いでいく。

そして圧巻だったのが、南2局だった。

この局は石橋がトイツ、赤にドラもある勝負手模様。

 

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!