それは「理」なのか「オカルト」なのか…卓上を席巻するモンスター・沢崎誠、驚異のビタ止め!【熱論!Mリーグ】担当記者:東川亮

石橋はカンから仕掛けて後付けの形に構えると、を暗刻にして待ちの満貫テンパイを組んだ。

その後はテンパイを悟られないよう、自然な形でツモ切りを繰り返す。

3枚目となるも、一切の逡巡なく河に並べた。

そして12巡目、沢崎がをつかむ。

形としては全く不要。

カンチーという石橋の仕掛けをタンヤオと読めば、普通に切られる牌だ。

しかし、沢崎は手牌の上に乗せたを一瞥すると・・・

右端に置いていた、本来石橋に入っていたはずの切り。

さらに次巡はメンツからを抜き、完全に撤退した。

驚異のビタ止め。

この牌を打っていれば2着目石橋への満貫放銃となり、この試合の行方は全く分からなくなっていた。

冷静に見れば、はドラ跨ぎ、役牌の暗刻や手役があるなら、安全とは言えない牌だ。

また、石橋はカンチーの後、手出しは5打目ののみ。

テンパイかどうかは微妙で、自身は親番、アガリや連荘を見るなら真っすぐ切り飛ばしたくなるところだ。

これを止められる打ち手が、果たしてどれほどいるだろうか。

この局は、石橋の一人テンパイで流局。

開けられた手の待ちを見て、沢崎は何を思ったか。

視聴者である我々は、沢崎のすごさをまざまざと見せつけられている。

しかし卓上で打つ選手は、手をこまねいて見ているだけとはいかない。

特に、ラス目で最後の親番を迎えた寿人はなおさらだ。

ここを落とせば逆転トップはほぼ絶望、しかし一撃二撃と決めればまだ分からない。

南3局1本場

寿人の手は配牌からマンズが多め、ツモも呼応し、形もそれなりに整っていく。

ならば、「ホンイツコンサルタント」の本領発揮だ。

ドラも2枚あり、染め手で決まれば破壊力は抜群。

ファン・サポーターの祈りが届いたか、寿人の元にマンズが集まる。

もう少し・・・

仕上がった!

ホンイツイーペーコードラドラ、ヤミテンでハネ満の大物手!

このカン待ちをきっちりとツモアガり、6000は6100オールでまずは3着浮上。

逆転トップへ向け、一つ親番をつなぐ。

しかし、そこまでだった。

立ちはだかったのは、やはり沢崎。

寿人がテンパイを入れる前に1000-2000は1200-2200をツモアガり、寿人の逆転トップの可能性はここでほぼ潰えた。

寿人は開かれた沢崎の手牌をじっと見つめ、点棒を払う。

悔しさを押し殺したか、唇をぎっと強く結んだ。

南4局、萩原の親番。

萩原はここまで、アガリもなければ放銃もなく、ツモで点数を削られ続けてのラス目にいた。

もちろん、麻雀だからそういうこともある。

しかし、それが今であってはならない。

開かれた萩原の配牌はパッとしない。

縦にも横にも、どうにも中途半端な印象だ。

しかし、彼は萩原聖人

これまでに、数々のミラクルを起こしてきた男。

それは、ミラクルを常に追ってきたからこそ成せたことだ。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!