多井隆晴、盤石の守備力でさすがの安定感!! 耐え忍んで掴んだ今季初勝利!!

多井隆晴、盤石の守備力で

さすがの安定感!!

耐え忍んで掴んだ

今季初勝利!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕11日目、第2戦は多井隆晴渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。第1試合とはうってかわって長丁場となった第2試合。南場の親番で2巡目マンガンリーチを成就させた多井が逃げ切って、今季初勝利を飾りABEMASはプラス圏に復活した。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ園田賢U-NEXT Pirates朝倉康心TEAM雷電萩原聖人、そして多井の4名。

東1局、南家の多井が弩級のリーチを放つ。ピンフ・高め234サンショク・ドラ1・赤2のバイマンの【1マン】【4マン】待ち。が、1人テンパイで流局。

東場はピンフ・ドラ1・赤1のリーチを、朝倉から討ち取った萩原がリードで折り返す。

局面が大きく動いたのが南2局。

ここまで我慢を強いられてきた多井に、好配牌が入り2巡目にドラ表示牌のカン【2マン】を引き入れてリーチ。【1ピン】【白】のシャンポン待ちの、チャンタ・ドラ1。2巡後に萩原から【白】を仕留めて12000点。

多井は持ち前の守備力を発揮して、リードを堅守。

南2局に、園田からリーチ・【白】・赤1の5200を召し捕った朝倉が2着奪取。

オーラス1本場で、食いタン・赤1の500・1000をアガった園田が3位キープ、雷電・萩原は痛恨のチーム4連続ラスに甘んじた。

多井はインタビューで、

「ABEMASがずっとマイナスが続いていて、解説の土田さんにチームの不運って全部多井の不運が連動してるよねって仰られて、たしかにそうだなって思って『1回空気変えよう』なんてオカルトめいたことを言って気分転換できたのがよかったんじゃないかと思ってます」

と語った。

【Result】
1着 多井隆晴・ABEMAS 3万3900点/+53.9
2着 朝倉康心・パイレーツ 2万5700点/+5.7
3着 園田賢・ドリブンズ 2万3500点/▲16.5
4着 萩原聖人・雷電 1万6900点/▲43.1

【Total】
1位 EX風林火山 +164.4(10/90)
2位 セガサミーフェニックス +114.9(10/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +18.0(10/90)
4位 渋谷ABEMAS +5.3(12/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲9.7(12/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲64.0(12/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲72.9(12/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲156.0(10/90)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsABEMASvs雷電vsPirates

詳細情報
赤坂ドリブンズvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
10月21日の対戦は赤坂ドリブンズvs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

キャスト

赤坂ドリブンズ
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!