それは聖夜のプレゼントなんかじゃない 萩原聖人、仲間の思いを宿した右手で掴み取った初勝利【Mリーグ2020観戦記12/24】担当記者:東川亮

それは聖夜の

プレゼントなんかじゃない 

萩原聖人、

仲間の思いを宿した右手で

掴み取った初勝利

文・東川亮【木曜担当ライター】2020年12月24日

大和証券Mリーグでは今シーズン、初めてクリスマスシーズンに試合日程が組まれることとなった。

12/24、クリスマスイブの第2回戦。

年内最終戦となるこの試合に、TEAM雷電萩原聖人を送り出した。

今シーズンのMリーグで唯一まだトップがないが、ここで勝てば個人はもちろん、チームとしてもいい年越しを迎えられようというものだ。

相手は厳しい。

各チームともドラフト1位を投入、しかも佐々木寿人小林剛は今シーズンの個人成績1位2位だ。

ここまで雪原を歩み続けてきた求道者にとって、この戦いがとりわけ厳しいものとなることは想像に難くない。

第2回戦

東家:小林剛U-NEXT Pirates

南家:萩原聖人TEAM雷電

西家:園田賢赤坂ドリブンズ

北家:佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部) 

東1局

園田が暗刻に赤赤という手で待ちテンパイ。

ヤミテンで6400、リーチをしても一発や裏ドラが絡まなければ8000点とあまり打点上昇が見込めないため、リーチはかけない。

ただ、萩原がをカンすればどうか。

裏ドラが2枚見られるようになったということで、リーチを打ちたくなる打ち手も多いはずだ。

園田の選択はヤミテン続行。

リーチによる打点上昇よりも、より確実なアガリを見た。

直後、萩原がを掴む。

手牌的には不要だけに放銃かと思われたが・・・

萩原はを止め、打とした。

これはソーズが高い園田の最終手出しがでソーズが嫌だったこと、そして打の直後に寿人が切ったに反応がなかったことから、でのロンはないという判断か。

いずれにせよ、ここで失点を防いだのは大きい。

東3局1本場

萩原はこの形からを切り、カン待ちテンパイは取らなかった。

赤赤でドラ受けもあるだけに、愚形テンパイで即リーチを打つのではなく、納得の形で勝負リーチをかけようということだ。

この手は など、待ちを良くしてリーチが打てるようになる手変わりが多い。

次巡、タンヤオでテンパイしていた園田がを大明カン。

Mリーグではほとんど見ない仕掛けだが、自身が役ありテンパイしているということで、符ハネさせつつカンドラによる打点上昇も期待できる。

そこへ、萩原が引きで渾身の待ちリーチ。

が3枚飛びだが高目のドラで高打点が狙える。

直後、園田は一発で掴んだをさほど迷わず切った。

待ちに変えることはできたが、この時点でが全て見えており、アガリは厳しそう。

またが3枚切れで、萩原はリーチの2巡前にを切っている。

ここで薄い 待ちに固定しているとは考えにくく、当たるパターンはほとんどない、という読みだったそうだ。

また、自身の待ちのが萩原のリーチ宣言牌のスジとなっており、出アガリも期待できる。

読みは理にかなっている。

しかし、それが絶対とは言えないのが麻雀だ。

園田から萩原への一発放銃で、12000は12300。

このアガリで、萩原がトップ目に立った。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!