内川幸太郎、しびれるトップ争いを制して6勝目!! サクラナイツは4位浮上!!

内川幸太郎、

しびれるトップ争いを

制して6勝目!!

サクラナイツは4位浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕65日目、第1戦は内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東場は防戦一方だった内川だが、南場の親番の2度のアガリでウラドラ4枚という効率のよいアガリで一気に浮上。オーラス、トップ目の小林に競り勝って6勝目を獲得した。

第1戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹セガサミーフェニックス近藤誠一、U-NEXTPirates・小林剛、そして内川の4名。

序盤は手が入らず、防御に回らざるを得なかった内川。どの局もアガリに結びつかず、南3局1本場を迎えて内川の点棒は1万4600点。トップ目の北家・小林とは2万点以上離されている。

10巡目にようやく先手が取れた内川、ピンフ待ちを即リーチ。4巡後にをツモってウラが2枚。4000オールで一気に2番手に浮上する。

同2本場、またも先手が入った内川。4巡目にのシャンポン待ちで即リーチ。二階堂からを討ち取って、ウラドラが。7700は8300点を加点して、小林をかわしてトップに立つ。

同3本場は、小林がのみを内川から直撃してトップ目を奪還。オーラスへ。

小林と内川の点差は700点。1000点でもアガっ方がトップという正念場。6巡目にアンコの待ちテンパイを入れた小林に対し、同巡に内川にタンヤオ待ちテンパイが入る。

親の近藤がをツモ切って、内川が逆転に成功。

内川はインタビューで、

「(アガったのは)リーチ・ピンフとリーチのみと1000点ですからね。ほんと運が良かったトップだと思います。サクラナイツはなかなか抜けきれてなかったので、後半戦の入り口ということで相当気合を入れてきたので、なんとかなりましたね」

と語った。

【Result】
1着 内川幸太郎サクラナイツ 3万4300点/+54.3
2着 小林剛・パイレーツ 3万4000点/+14.0
3着 二階堂亜樹・風林火山 1万6800点/▲23.2
4着 近藤誠一・フェニックス 1万4900点/▲45.1

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +597.6(64/90)
2位 EX風林火山 +227.0(65/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 17.9(64/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲55.2(65/90)
5位 赤坂ドリブンズ ▲104.9(64/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲109.6(64/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲184.3(65/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲388.5(65/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsサクラナイツvsフェニックスvsPirates」

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
1月28日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvsU-NEXT Pirates

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!