松本吉弘、怒濤の5連続アガリ!! ラスから一気にトップへ突き抜けた!!

松本吉弘、

怒濤の5連続アガリ!!

ラスから一気に

トップへ突き抜けた!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕9日目、第1戦は松本吉弘渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。激しい叩き合いの結果、いっときはラス目に沈んだ松本だったが、東ラスから怒濤の如き5連続アガリを見せて、一気にトップへ。松本が大逆転勝利で1勝目を獲得した。

第1戦の対局者は、EX風林火山滝沢和典、U−NEXT Pirates・小林剛赤坂ドリブンズ村上淳、そして松本の4名。

開局は西家・村上と南家・松本のリーチ合戦。村上がツモり勝って、ピンフ・ドラ1・ウラ1のマンガンで先行する。

次局、親被った小林が早速反撃に出る。タンヤオピンフをリーチ・一発・ツモ。ウラドラが2枚乗って3000・6000! 1局で小林がトップに立つ。

まくられた村上が黙っているはずもなく、次局の親番でチートイツ・ドラ2のツモアガリ。4000オールで再度トップに立つ。

東4局、自身の親番まで沈黙を保っていた滝沢が、松本からチートイツ・ドラ2の9600点を直撃。松本には辛い展開が続く。

次局、松本に初アガリが出る。リーチ・ピンフ・ドラ1・ウラ1の8000点を滝沢からアガって取り返す。

南1局、さらに松本が攻勢に出る。赤1の手でテンパイ即リーチ。ドラ3枚持ちの滝沢が一発で放銃して5200点。松本が3番手に浮上する。

次局、ラスに落とされた滝沢が先制リーチをかける。しかしアガったのは松本。チートイツ・ドラ単騎待ちをツモアガリ。6000オールで一気にトップに躍り出る。

同1本場、松本に2巡目リーチ。タンヤオピンフ・赤1のマンガン確定リーチだ。そして3番手に落とされた小林が追いかけリーチ。結果は松本がツモり勝って、さらに4000オールを上乗せして5万点台に。

同2本場、松本はタンヤオで食い仕掛けてサンショク・ドラ1のツモアガリ。2000オールを加点する。

その松本の親が流れて迎えた南3局4本場、2番手に落とされた親の村上がピンフ・ドラ1の先制リーチ。一方、ハコ下に沈んでいる滝沢もピンフ・ドラ1・赤3のハネマン確定リーチで起死回生を狙う。奇しくも2人の待ちはともに

さらに3番手の小林が自風のをアンコにして確定三暗刻待ちで追いかけて3軒リーチ対決へ。

決着は、…小林のツモアガリ! ドラのを引き当てて3000・6000! 村上との差を一挙に捲くって2番手に浮上。

オーラスは小林のリーチに、親の滝沢がテンパイを入れられず流局。

松本が大逆転の末、初勝利を獲得した。

松本はインタビューで、

「去年さんざんやられたんで、今季は’序盤に点棒が無くなっても落ち着く’という技を覚えようと思って、ラスに落ちた後も修正できたかなと。まぁたまたまなんですけど、この結果が出てうれしいです。去年はトップを取るのにすごく時間がかかったので、(今季は)序盤にどれだけ早くトップを取れるかでけっこう変わるな、と思ったので3戦目に取れたのでこの先も頑張れる気がします」

と語った。

【Result】
1着 松本吉弘・ABEMAS 5万1900点/+71.9
2着 小林剛・パイレーツ 3万1400点/+11.4
3着 村上淳・ドリブンズ 2万2800点/▲17.2
4着 滝沢和典・風林火山 ▲6100点/▲66.1

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +194.0(8/90)
2位 渋谷ABEMAS +104.0(9/90)
3位 赤坂ドリブンズ +69.1(9/90)
4位 EX風林火山 +1.7(9/90)
5位 セガサミーフェニックス ▲17.4(8/90)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲62.6(8/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲92.0(9/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲196.8(8/90)

「大和証券Mリーグ2020 風林火山vsPirates vsABEMASvsドリブンズ」

10月19日の対戦は
EX風林火山vsU-NEXT Pirates vs渋谷ABEMASvs赤坂ドリブンズ

キャスト

EX風林火山
U-NEXT Pirates
渋谷ABEMAS
赤坂ドリブンズ
実況:小林未沙
解説:内川幸太郎
レポーター:松本圭世
大和証券Mリーグ2020 風林火山vsPirates vsABEMASvsドリブンズ

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!