卓上のヒットマンが測った 射程距離 松本吉弘が誇る安定感の理由【Mリーグ2023-24観戦記 3/7】担当記者 #後藤哲冶

卓上のヒットマンが測った
射程距離
松本吉弘が誇る安定感の理由

文・後藤哲冶【金曜担当ライター】2024年3月7日

Mリーグレギュラーシーズンも各チーム残り15戦を切った。

この最終盤に差し掛かる時期に、ここまで下位チームが競っている状況は今まであっただろうか。
生き残りをかけたラストスパート、ファンからの声援も、心なしか含む感情の量が大きくなっているような気がする。

このレギュラー生き残り戦線、一歩抜け出しているのが渋谷ABEMASだった。

この日の第1試合、白鳥がトップで逃げ切りを成功させれば、ここからはもう上を見て戦っていけるかという場面だったが、MVPを争うU-NEXT Piratesの瑞原がそれを許してはくれなかった。
オーラス無慈悲な6巡目の役アリ逆転テンパイに、白鳥も流石にお手上げ。
惜しくも2着で1戦目を終えた。

そうしてバトンを託されたのが、松本吉弘
ここまでの通算成績でも安定感抜群のショウマツリレーで、渋谷ABEMASは上昇を狙っていく。

3月7日 第2試合

東家 鈴木優 (U-NEXT Pirates
南家 松本吉弘渋谷ABEMAS
西家 鈴木大介(BEASTJapanext)
北家 茅森早香セガサミーフェニックス

東2局

親番で良い形が入った松本。
松本はピンフ三色のイーシャンテンになったところで、【發】のトイツに手をかけた。

そして、次の巡目に持ってきた【4ソウ】はツモ切り。
更に、その後持ってきた【3ソウ】も一切躊躇わずにツモ切りとした。
【4ソウ】【3ソウ】を残した方が、シャンポン受けを残せるため受け入れ枚数は増える。
が、そうして増えたシャンポンを引いてテンパイを入れた場合、ピンフも三色も消え、基本的にはリーチのみだ。

リーチのみに全力を注ぐよりは、【2マン】【5マン】を先に引いた時に【2ソウ】【5ソウ】の出アガリ率を少し上げるイメージ。
仮にこの松本の捨て牌が、【發】のトイツ落としが完了した後、安全牌を切ったのち、リーチ宣言牌が【3ソウ】になった場合、【2ソウ】【5ソウ】は他家にケアされやすい。
【4ソウ】【3ソウ】をツモ切りとしておくことで、後に高目となるかもしれない【2ソウ】を少しでも出やすくしたかったのだろう。

結果的には、【2ソウ】を引き入れてリーチとなったので関係はなかったが、これも松本の誇るベストバランス。

そしてこれを、見事高目一発でツモり上げた!
リーチ一発ツモピンフ三色の6000オールは、大きな加点。これで一歩抜け出すことに成功。

松本のリーチ一発目に大介の河に並んでいる【2ソウ】が、松本の【4ソウ】【3ソウ】ツモ切りが効果的に作用しているのを物語っている。

東4局

トップに立った後も、松本は攻めの手を緩めない。
東場での6000オール程度では、このルールでトップが盤石ではないことくらい、松本はよく分かっている。

役牌2つとドラが対子の良い手。何からでも鳴いていきたい手だが、優から切られた【2ピン】はスルー。
現状一番厚く持っているターツで、チートイツイーシャンテンでもあるこの形からわざわざチーするよりは、次に引いた牌がチートイツテンパイの牌である可能性を見たい。

東が出て、これをポン。
【3ピン】を切って6ブロックにする手もあるが、ここは【2マン】の対子落とし。
例外はもちろんあるが、基本的に副露手は5ブロックに構えた方が良い事が多い。

【6ソウ】をチーして、ここで【3ピン】切り。
発と【6マン】という対子があって、ここで手を2ヘッドに構える。
現状トップ目で遮二無二、手を中張牌で膨らませる必要はない。
全員に通っていない【3ピン】は持たずに、全員の安全牌である白を持つ。2ヘッドに構えているので、ロスは【3ピン】の2枚だけだ。
これが、松本が測った、相手との距離感。
致命傷を負うリスクがある距離までは近づかず、こちらが狙いを定められる位置をキープする。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/