黒沢咲、ラス目からの大逆転劇!!セレブ旋風を巻き起こし、個人首位獲得!!

黒沢咲、
ラス目からの大逆転劇!!
セレブ旋風を巻き起こし、
個人首位獲得!!

12月7日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
1回戦は、TEAM雷電・黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。チームは11勝目、3位に浮上した。

対局者は、
赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(日本プロ麻雀連盟)、
U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
そして黒沢。

並びは、朝倉・鈴木・黒沢・前原。

南2局、鈴木がチートイツ・ドラ単騎待ちでリーチ・ツモ。この6000オールで鈴木がダントツのトップ目に立つ。

しかし南3局、ラス目の黒沢の大反攻が始まる。

朝倉からチンイツを討ち取ったのを皮切りに、1本場ではドラが雀頭の手をリーチ・一発・ツモ・ウラ1の6000オール! 一気に鈴木に肉薄する。

同2本場、朝倉の大物手のリーチに黒沢が追いかけて、またも黒沢が一発ツモ! ドラ3の6000オールで鈴木を突き放す。

オーラスは、朝倉の渾身のツモリ四暗刻で勝負をかけるが、流局してゲームセット。

黒沢は勝利者インタビューで「序盤に点棒を削られて、かなり苦しかったんですけど、大逆転できてうれしいです。(個人首位について)普段自分の順位は気にしないように打っているのですが、一瞬でもトップに立ったら瀬戸熊さんからご褒美がでるそうなので、ごちそうになりたいと思います。(ちなみに何を?)カニ?」と語った。

【Result】
1着 TEAM雷電・黒沢咲(日本プロ麻雀連盟)5万9200点/+79.2
2着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)2万3500点/+3.5
3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(日本プロ麻雀連盟)1万500点/▲29.5
4着 U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦日本プロ麻雀協会)9800点/▲50.2

【Total】
1位 EX風林火山 +293.1(46/80)
2位 赤坂ドリブンズ +198.4(47/80)
3位 TEAM雷電 +15.7(45/80)
4位 渋谷ABEMAS ▲56.3(44/80)
5位 セガサミーフェニックス ▲57.2(42/80)
6位 U-NEXT Pirates ▲70.6(45/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲323.1(47/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs麻雀格闘倶楽部vs雷電vsPirates


近代麻雀学院初代グランプリ・山本成美【近代麻雀グラビアコレクション】