我慢に我慢を重ねた 高宮まりが点棒を堅守! 瑞原明奈、白鳥翔、またしても初勝利ならず…。【Mリーグ2020観戦記10/30】担当記者:渡邊浩史郎

我慢に我慢を重ねた

高宮まりが点棒を堅守!

瑞原明奈、白鳥翔、

またしても初勝利ならず…。

文・渡邊浩史郎【金曜担当ライター】2020年10月30日

1回戦

東家 瑞原明奈U-NEXTパイレーツ

南家 高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部

西家 鈴木たろう赤坂ドリブンズ

北家 白鳥翔渋谷ABEMAS

この日のMリーグ1戦目は非常にスピーディーかつ攻撃的な展開であった。

【東1局】、全員聴牌の局面を高宮がマンガンツモで制したと思ったら……

 

【東2局】

 

【東3局】

 

【東4局】と、誰かの先制高打点のリーチが入り、他家がそれを安手で躱すという場面が続く。

南場を迎えてリードしているのは高宮だが、瑞原、たろう、白鳥3者ともこうした小場の展開はお手の物。注目の南場を見ていこう。

【南1局】

注目の選択を見せてくれたのは白鳥。素直に行くならだが……

白鳥は打!安牌を抱えつつ、良形を固定して別の場所でアタマを作ろうという算段だ。残したはドラ受けや一気通貫、三色といった打点の種になる。

この選択が見事にはまり、三色や一気通貫の見える価値あるイーシャンテンに。を切っていても同じ結果になっていたかもしれないが、先にを切れたことによる三色になった時の高めの出アガリ率はだいぶ違うだろう。

たろうも、もはやおなじみというべき遠めのホンイツ仕掛け。

両者とも高宮の背中にたどり着けるような中~高打点の形を狙っていく。

先手を取ったのは白鳥。先にカンが埋まり、理想通りの三色リーチ!

しかしすぐに追いついたのはラス目で親の瑞原。ここは役なしドラなしだがリーチに踏み切る。

打点変化はのみ。連荘率を高めるため、ここは当然のリーチなのだが……

数巡後、引いたのは無情な

裏ドラこそのらなかったものの、3900の放銃で親落ち。瑞原からすれば悲運の一局となってしまった。

【南2局】

前局アガった白鳥。今局も先制リーチ。自分でを3枚使いのペン待ちだ。

このリーチを受けた瑞原。ドラのが二枚のこの手。まっすぐ行くなら打で目一杯かつ678の三色目を見た形に構えるところだが……

瑞原の選択は打!この選択について、試合後の対局舞台裏動画でこう語っていた。(対局舞台裏動画とはABEMAビデオにて見ることができる、インタビューに出れなかった選手の打牌意図を聞き出す3分程度の動画だ。ぜひとも一度見てもらいたい。)

「自分の手都合で見たとき、切る牌は。出ていく牌の危険度では選べない。が山にいそうに見えたため、ドラのシャンポンリーチも目標の一つ。それならばが4枚切れのの部分を厚く持つことで、を暗刻にしたシャンポン聴牌も逃さないようにした」

その発言通り、次巡、見事にを暗刻にしてリーチ!

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!