我慢に我慢を重ねた 高宮まりが点棒を堅守! 瑞原明奈、白鳥翔、またしても初勝利ならず…。【Mリーグ2020観戦記10/30】担当記者:渡邊浩史郎

そして一発で白鳥から出アガリ!

マンガンの収入で再びトップ争いに返り咲いた。

【南3局】

親のたろうがこの形からをポン。

トイトイや役役などの打点を見つつ、それらすべての急所になりそうなから仕掛けていった。

瑞原も負けじとタンヤオ赤ドラで仕掛ける。

先に聴牌したのはたろう。のシャンポン待ち。

瑞原も追いついて聴牌。こちらは待ちだ。

このの方を掴んでしまったのがたろう。放銃は必至かと思われたが……

なんとここでたろうはの対子落とし!迂回だ!

こちらも対局舞台裏でたろうが話をしてくれている。それによると、

「消去法で、聴牌に見える瑞原と聴牌していてもおかしくない白鳥の両者に打てないはさすがに……」

とのことだった。確かに瑞原にマンズで振るならくらいしか残っていない。ほかの筋も少なく、なにより打点も見えそうな瑞原に打ったらトップは絶望的だろう。

実際に白鳥も十分形のイーシャンテンであり、同巡リーチがかかった。さすがのゼウスの選択だ。

そしてこのにくっつけて見事聴牌復活。

今度窮地に立たされたのは瑞原。リーチにと押していたが海底で掴んだで止まる。

白鳥のリーチの宣言牌がだったこともあり、ここは降り。結果的に5800の放銃を回避することになった。

【南3局1本場】

ここでも先制したのはたろう。カンの聴牌を即リーとした。

早い巡目であり、点棒状況的にも押し返されにくい親の自分の立場を利用したツモ狙いのリーチだ。

ここに追いついたのが瑞原。あまりにたろうの河が強く、試行錯誤して回っていたところに入った赤ドラ聴牌。リーチに踏み切った。

ここに飛び込んでしまったのが白鳥。

中筋ので5200放銃。瑞原からすれば値千金のアガリ、白鳥からすればあまりに痛恨の放銃だ。白鳥としてはを逃せるタイミングがあったといえばあったのだが、聴牌料も重要な局面。形を残したばっかりにレアケースへの放銃となってしまった。

それでも全員にトップのチャンスが残ったオーラスとなったが……

最後はここまで我慢に我慢を重ねて点棒を守ってきた高宮が、見事なタンヤオのアガリでトップを獲得。

これで高宮は今季初トップ。一方で瑞原、白鳥の今季初トップはお預けという形となった。

さて、Mリーグ2020も開幕から一か月が経過した。

今年も今年で面白い対局が繰り広げられているのだが、やはり去年から大きく変わったのが堀慎吾の参戦だけというのは少し寂しい部分もある。

一方で先に挙げた対局舞台裏のように、各チームや公式が動画媒体等を利用してコンテンツを充実させていることは、一ファンとして非常に嬉しい。

こういったご時世のためパブリックビューイングの開催も難しいが、あの盛り上がりをもう一度味わえる日が来ることを心から願うばかりである。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!