滝沢和典、流局対決を1000点で制す!! 麻雀格闘倶楽部は3勝目を得て、他チームを突き放す!!

滝沢和典、

流局対決を1000点で制す!!

麻雀格闘倶楽部、3勝目を得て

他チームを突き放す!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021セミファイナルシリーズ」の6日目、第1戦は滝沢和典KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。半数以上が流局となった第1試合。1ハンでのアガリを3度つかんだ滝沢がセミファイナル初勝利。ロースコアゲームを制した。

第1戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾U-NEXT Pirates小林剛、そして滝沢の4名。

全12局中7局が流局がという、珍しい展開となった第1試合。初アガリが出たのは東3局4本場。西家・滝沢が【9マン】をポンして234サンショクのカン【3ソウ】待ちテンパイ。これを南家・堀から捕えて1000点+1200点、さらに供託リーチ棒3本をゲット。

南1局1本場、ラス目の堀が11巡目にリーチ。ピンフイーペーコー【5ソウ】【8ソウ】待ち。4巡後にツモアガって1300・2600。これが第1試合の最高打点となる。

南2局1本場、滝沢が4巡目に【白】を仕掛けて【9マン】【9ソウ】のシャンポン待ちテンパイ。【9ソウ】を小林からアガって1000点。2着目の二階堂の親落としに成功する。

南3局1本場では、堀が【5ピン】【8ピン】【7ピン】待ちで先制リーチをかけるが、2巡後に滝沢から追いかけリーチが入る。高め678サンショク【5マン】【8マン】待ち。堀から【5マン】を捕まえて1300点。

オーラスは二階堂が、小林の仕掛けをかわして2着キープとなる300・500のツモアガリで試合終了。滝沢は3回のアガリがすべて1ハンという、珍しい勝ちパターンでセミファイナル初勝利を飾った。

滝沢はインタビューで、

「僕は普段鳴かないし高いほうだと思うんですけど、たまには鳴いてみっかと思ったんですよ、東1局に。そしたら止まんなくなって、最後まで鳴く羽目になったっていう感じですね(笑)。トップとれてよかったですね」

と語った。

【Result】
1着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 3万6100点/+56.1
2着 二階堂亜樹・風林火山 2万5700点/+5.7
3着 小林剛・パイレーツ 2万1000点/▲19.0
4着 堀慎吾サクラナイツ 1万7200点/▲42.8

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +288.8(7/16)
2位 渋谷ABEMAS +181.6(8/16)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +161.6(7/16)
4位 セガサミーフェニックス +82.5(8/16)
5位 U-NEXT Pirates +47.8(7/16)
6位 EX風林火山 ▲12.3(7/16)

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ6日目 

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」
3月29日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:瀬戸熊直樹
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ6日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!