石橋伸洋、セミファイナル男の真骨頂!! ラス目からの大逆転でパイレーツ、4位浮上!!

石橋伸洋、

セミファイナル男の真骨頂!!

ラス目からの大逆転で

パイレーツ、4位浮上!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021セミファイナルシリーズ」の6日目、第2戦は石橋伸洋U-NEXT Pirates)が、トップを獲得。チャンス手を実らせられずにラス目に甘んじていた石橋だったが、ラス前で伊達からハネマンを直撃し一気にトップに躍り出た。

第2戦の対局者は、EX風林火山勝又健志KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗、そして石橋の4名。

東1局、北家・勝又と南家・石橋のリーチ合戦。2軒に挟まれた岡田がトイツの【西】に手をかけると勝又がロン。ドラ1・赤2の8000点。ピンフ・ドラ2の3メンチャンを潰され、石橋は出鼻をくじかれる。

勝又リードのまま迎えた東4局。石橋はピンフタンヤオ・赤1の先制リーチにたどりつく。すると伊達・岡田から立て続けに追いかけをくらい、石橋は岡田に一発放銃。ピンフ・赤1・ウラ2の12000点。

南2局、最後の親を迎えた石橋はもう後がない。しかし1本場、ドラの【發】をアンコにした勝又がハネマンテンパイ。絶体絶命の状態から、石橋が渾身のリーチを放つ。すると勝又が一発放銃。ピンフの5800点で石橋は土俵に踏みとどまる。

南3局1本場、ラス目の石橋がピンフ・ドラ1の【5ソウ】【8ソウ】待ちでリーチ。すると超大物手をテンパイしていた親の伊達が【5ソウ】を一発で放銃。さらにウラドラが雀頭! 12000点のアガリで石橋が微差ながらトップ目に躍り出る。

オーラスは岡田が1000点で2着をキープして試合終了。石橋が「セミファイナル男」の名に恥じぬ活躍でパイレーツを4位に押し上げた。

石橋はインタビューで、

「レギュラーシーズンで負けちゃったんで、セミファイナル・ファイナルで結果を残すしかないなぁと思いながら打ってました。ファイナルに行きたいという気持ちはシーズンの初めから変わってないです。優勝するつもりでやってます」

と語った。

【Result】
1着 石橋伸洋・パイレーツ 3万1400点/+51.4
2着 岡田紗佳サクラナイツ 3万100点/+10.1
3着 勝又健志・風林火山 2万7600点/▲12.4
4着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 1万900点/▲49.1

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +239.7(8/16)
2位 渋谷ABEMAS +181.6(8/16)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +171.7(8/16)
4位 U-NEXT Pirates +99.2(8/16)
5位 セガサミーフェニックス +82.5(8/16)
6位 EX風林火山 ▲24.7(8/16)

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ6日目 

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ」
3月29日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:瀬戸熊直樹
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 セミファイナルシリーズ6日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!