白鳥翔、初トップ奪取! 今期は個人10位以内を目指す宣言!!




白鳥翔、初トップ奪取!
今期は「個人10位以内を目指す」宣言!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の7日目第2戦は白鳥翔(渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。昨年は遠い1勝に苦しんだ白鳥だが、今年は2戦目にして初勝利。渋谷ABEMASはポイントがプラス圏内に、チーム順位を4位にまで上げてきた。

2回戦の対局者は、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)、EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)、U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)、そして白鳥

東1局、白鳥はタンヤオ・赤1の手をチーしてテンパイ。小林から討ち取って2000点。軽めのジャブからのスタートとなった。

次局も白鳥、カンのテンパイを即リーチして、ツモアガリ。赤1の1000・2000のアガリで他家の親番を潰し、リードを積み重ねる。

東4局、カンの仕掛けを入れていた園田が、滝沢のリーチ宣言牌のドラにロンをかける。がアンコの単騎待ちで5200点のアガリを決めて白鳥に肉迫する。

南2局2本場、親の落ちた北家の小林が仕掛けを入れて、タンヤオ・ドラ2赤2のテンパイ。そして園田がタンヤオのカン待ちテンパイ。さらに白鳥が待ちのピンフ・イーペーコーのテンパイ。しかし白鳥はツモで、のシャンポン待ちにチェンジ。

最後に滝沢が、123のサンショクのカン待ちでリーチというがっぷり四つとなる。

結果は小林がを掴んで白鳥に放銃。イーペーコー・ドラ2の5200点を討ち取った。

オーラスも白鳥が、ピンフ・赤1の2000点を園田から仕留め、自身の今期初勝利をもぎ取った。

勝利者インタビューで白鳥は「男子メンバー3人相手で、昨シーズンボコボコにされてきたのでなんとか勝ちたいと思ってまして、(勝てて)嬉しかったです。今年は個人で勝たなきゃ意味が無いので、序盤に勝てて弾みになるんじゃないかと思いますと語った。また個人目標を問われると「10位以内に入れればいいんじゃないかと思います」と謙虚に答えた白鳥であった。

【Result】

1着 渋谷ABEMAS・白鳥翔 3万9800点/+59.8
2着 赤坂ドリブンズ・園田賢 3万1400点/+11.4
3着 U-NEXT Pirates・小林剛 1万7200点/▲22.8
4着 EX風林火山・滝沢和典 1万1600点/▲48.4

【Total】

1位 セガサミーフェニックス +99.9(6/90)
2位 EX風林火山 +89.0(8/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +46.0(6/90)
4位 渋谷ABEMAS +28.8(8/90)
5位 TEAM雷電 ▲21.1(6/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲28.9 (6/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲87.9(8/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲125.8 (8/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月10日の対戦は
U-NEXT Piratesvs赤坂ドリブンズvsEX風林火山vs渋谷ABEMAS

キャスト

U-NEXT Pirates
赤坂ドリブンズ
EX風林火山
渋谷ABEMAS実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ Pirates vsドリブンズvs風林火山vs ABEMAS