勝又健志、3戦2勝!! そうですね、今年も風林火山の 安定感は健在です!!




勝又健志、3戦2勝!!
そうですね、今年も風林火山の
安定感は健在です!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の7日目第1戦は勝又健志(EX風林火山)が、トップを獲得。勝又はこれで3戦2勝、セガサミーフェニックスを交わして、EX風林火山が首位に立った。

1回戦の対局者は、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)、U-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦日本プロ麻雀協会)、そして勝又

東1局、松本がリーチ・一発・ツモ・赤3・ウラ1のハネマンを決めて大きくリードする。

東2局は勝又の食い仕掛けホンイツの5200点を得て、松本を追う。勝又は4本場まで連荘を重ね、この東場の親番で43200点にまで点棒を回復し、松本を交わしてトップ目に立つ。

東3局、親の瑞原のリーチに鈴木が追いかけリーチをかける。アンコのカン待ちは瑞原の現物。しかし鈴木は一発目にカン材のをツモってアンカン、そしてリンシャン牌で見事ドラのを引当ててマンガンのツモアガリ!

東4局は瑞原の先制リーチに、親の松本が追いかけて瑞原から一発で討ち取り。ピンフ・ドラ2の12000。トップが松本に移る。

南3局、勝又の先制リーチに後がない親の瑞原が追いかける。しかし結果は勝又のツモアガリ。ピンフ・ドラ2・ウラ1のハネマンで勝又が再逆転。

オーラス、松本がチートイツの親リーチで攻めるが勝又がピンフのヤミテンで交わしてフィニッシュ。勝又が今期2勝目を上げた。

勝利者インタビューで勝又は「そうですね、前回が4着だったのでここはなんとしてもトップを取りたいと思っていたので嬉しいです。そうですね、かなり手牌にめぐまれていたので良かったですと語った。

【Result】

1着 EX風林火山・勝又健志 5万3000点/+73.0
2着 渋谷ABEMAS・松本吉弘 4万2300点/+22.3
3着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう 1万6300点/▲23.7
4着 U-NEXT Pirates・瑞原明奈 ▲1万1600点/▲71.6

【Total】

1位 EX風林火山 +137.4(7/90)
2位 セガサミーフェニックス +99.9(6/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +46.0(6/90)
4位 TEAM雷電 ▲21.1(6/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲28.9 (6/90)
6位 渋谷ABEMAS ▲31.0(7/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲65.1(7/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲137.2(7/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月10日の対戦は
U-NEXT Piratesvs赤坂ドリブンズvsEX風林火山vs渋谷ABEMAS

キャスト

U-NEXT Pirates
赤坂ドリブンズ
EX風林火山
渋谷ABEMAS実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ Pirates vsドリブンズvs風林火山vs ABEMAS

この記事のタイトルとURLをコピーする