見たか、これが多井隆晴だ! 渋谷ABEMAS初勝利




見たか、これが多井隆晴だ!

渋谷ABEMAS初勝利

10月2日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。

その2回戦が行われ、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)が東1局から終始トップを走り、追走を許すことなくそのままゴール。渋谷ABEMASにリーグ初勝利をもたらした。

対局者はEX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)、多井、KONAMI 麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)(起家より)。東1局、多井がいきなり見せた。赤牌を3枚使い切ったピンフ・ツモ・ドラ4で1万2000点を鮮やかに決めた。「初物に強いんですが、配牌で季節外れのサンタさんが現れた!?」。さらに加点に成功し、東場を終えて点棒は5万点台に。その後も危なげないゲーム運びで点棒を守りきり、初トップを飾った。

多井は勝利者インタビューで「緊張というか、なんか興奮した感じでした。今回チームの初戦は松本吉弘26歳。46歳の私は、32歳の白鳥翔の後が出番だと思っていたんです。もっと強くなって、人気者になって、憧れるような選手になれるように頑張りたい」と、語った。

【Result】
1着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU) 5万5400点/+75.4
2着 EX風林火山・勝又健志(連盟) 2万4100点/+4.1
3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟) 1万8400点/▲21.6
4着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦) 2100点/▲57.9

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +81.9(2/80)
2位 赤坂ドリブンズ +62.1(4/80)
3位 渋谷ABEMAS +62.0(2/80)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲14.0(2/80)
5位 EX風林火山 ▲40.9(2/80)
6位 TEAM雷電 ▲71.9(2/80)
7位 セガサミーフェニックス ▲79.5(2/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS

【関連記事】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」