「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記




熱論!Mリーグ

開幕特別観戦記

文:グレート巨砲

【無免許観戦記者が開幕前に考えたこと】

ツモにちは~。金曜日の担当になった巨砲選手です。普段は一年のうち半分くらいパチンコやパチスロを打って、全盛時のブルースリーよろしく感じるままに台と売れてる同業者の悪口を言っております。まあ、平たくいうとダメ人間ですね。

今回はちょっと毛色の変わった原稿を書く人が欲しかったキンマwebが間違って白羽の矢を立ててしまいました。
……うん、完全に向いてない。だって6巡目のスーソー切りがポイントでしたね、みたいなテクニカルな解説は一切できないもの。

しか~し、目先の仕事は腰を落としてがっちりキャッチするのがフリーライターという哀しいアニマル。

気が付けば「ハイ、喜んで~」と返事をしておりました。偏差値30の原稿&展開に不安を覚えた読者もたくさんいると思いますが大丈夫、マイフレンド。

オデの方がもっと不安だ。ヘタすりゃMリーガーより不安だぞ。

みなさんに言いたいセリフはただひとつ。頼む、慣れろ!

 

さて、オデの担当は金曜日なのですが星野編集長から「ギャラ払うから開幕にあたって何か書け」と言われました。

ダブロンじゃなかった……もちろん仕事に飢えた野良犬に否やはありません。ワンワン。

そこで今回はMリーグとは何なのか? について運営側の理念を完全に無視して考えてみました。

正解は甲子園・春のセンバツです。ハイ、そこキョトンとしない。これ結構、自信あるよ。

まずね、イベントとしての骨格がそもそも似てるんですよ。ドラフトとはいえMリーグは麻雀力の高い順に21人が選ばれてるわけではありません。
センバツも一定の選考基準はあるけど、その地域の最後の枠に関しては人気や他県とのバランスなんかも加味されるでしょ。

希望枠や21世紀枠なんかもあるし。あとルール上どうなるかは詳しく知らないけど、おそらく毎年、チームも変わっていくのも甲子園チック。
数年後には悲願の初出場なんてドラマもあるでしょう。あっ、不祥事がダメ絶対なところも共通点ですね。

そして何より甲子園感をアップさせてるのは早くも麻雀界において神聖視されてる点。Mリーグに期待してる人ほど現時点で小さな不満もあると思うし、この先もきっといろいろ出てくるんでしょうけど、廃止しろとは決してならない。

だって麻雀界にとってはすでに代替不可能なエルドラドだから。甲子園も選手の酷使だったり、今年の夏は全然、チケットがとれなかったり、試合時間と高野連の会長のアイサツが長かったりと色々問題はあるんですけど、なくそうって話には絶対にならない、それと同じです。

ハイ、おめでとうございます。

Mリーグ完全に成功しました(誰よりも早い祝辞)。

 

では、最後にMリーグをより楽しむ方法を2つみなさんにお教えしたいと思います。

ひとつは本日発売された選手のバッグボーンだけでなくチームコンセプトまでわかっちゃう「麻雀プロMリーグ選手名鑑」を光の速さで手に入れること。ジャンルで言えば宣伝だが、マジで良書なので騙されたと思って買ってほしい。

「麻雀プロMリーグ選手名鑑」→アマゾンでの購入はこちら

そしてもうひとつがひいきのチームを作ること。なぜならリーグ戦は応援するチームがあった方が断然おもしろいから。

巨砲選手はかつては近鉄ファンだったのですが、二〇〇四年の合併騒動の折りに新たな応援先としてオリックスも楽天も選ばなかったんです。

するとどうでしょう。最初はフラットな視点で野球を楽しむのも悪くないと思っていたのに、毎日どこか物足りない。

近鉄が存在した頃のように開幕前に星勘定して「うん、96勝か。今年はもらった」なんて盛り上がったり、シーズン終盤になれば「よしっ、残り30試合で27勝3敗ね」と妄想に近い逆転Vプランを練ることの大切さを知るわけです。

そして周りのひいき球団のあるブラザーたちがとんでもなく楽しそうに見える。近鉄に操を立てた以上、いまさら他の球団を応援できないのですが、あの時にどちらかを応援する手はなかったのか今でもとちょっとだけ後悔しております。

というわけでみなさんは理由は何でもいいので今すぐ応援するチームを見つけてください。これは第1回目にして巨砲からのザ・ラストメッセージ・海猿です。

ちなみにオデはKONAMI麻雀格闘倶楽部を応援することにしました。理由はパチンコライターと麻雀プロってそこそこ親和性が高くて、Mリーガーの中にも面識のある方や現場で対局を見たことがある人も結構いるのですが、このチームだけゼロなんです。ホラ、知ってる人だとどうしても気を使うじゃん。

「何やってんだよ、ボケ!」とか「うわ~、ヒキ弱いわ~」とか言えないじゃん。

パチンコ業界に生きるヒューマンとしてはセガサミーを応援した方が後々ビジネスにつながる可能性が数%アップする気もしたのですが、あれこれ好き勝手に能書きを言えることがファンの醍醐味なんでそれを優先しました。

あと、パワプロ好きだしな。

それでは、今から開幕セレモニーを目撃ドキュン! してきま~す。

グレート巨砲(おおづつ)
パチンコ必勝ガイド、近代麻雀、Numberほか様々なジャンルで執筆する人気ライター。
著者に「麻雀あるある」(竹書房刊)「熱論!Mリーグ」では金曜日の試合を担当。

【関連記事】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」