絶好調ドリブンズ! 肉離れで全治1ヶ月の村上淳が奮闘!




絶好調ドリブンズ!

肉離れで全治1ヶ月の村上淳が奮闘!

10月2日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。その1回戦目、赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦日本プロ麻雀協会)が、オーラスで逆転となるマンガンをアガり、リーグ初勝利を納めた。トップと13700点差で迎えた南4局。村上のリーチに、トップ目のKONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)がとびこむ。8000点を直取りし、開幕戦の園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)に続いて、チームに今期2勝目をもたらした。

村上は、前日に行われた開幕戦でチームメイトの園田が会心のアガリを決めた瞬間、喜んで立ち上がった瞬間に肉離れを起こし、足に全治1カ月のけがを負っての出場だった。それでも対局中は、卓上に集中しオーラスで勝利をもぎ取った。村上は「めちゃめちゃうれしい、その一言につきます」と、語った。

「チームメイトが強くて、練習で僕が一番負けている。これでラスとか引いたら顔向けできない感じでホッとしました。責任感というか。、こ(Mリーグ)にいるというのが、本当に先人たちと後輩たちと仲間たち、企業の方々、みんなの思いを背負っているんで、いろんな思いが混じって、久々にめちゃめちゃ緊張して打ちました」語り、その感情を吐露した。

赤坂ドリブンズは、これで3戦して2勝目。全7チームの中でも好スタートに成功した。

【Result】
1着 赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦) 3万800点/+50.8
2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟) 2万7600点/+7.6
3着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)2万6600点/▲13.4
4着 EX風林火山・滝沢和典(連盟)1万5000点/▲45.0

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS

【関連記事】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」