VS国士無双! 徹底検証!朝倉康心はなぜ1索を押して当たり牌の9萬を止めたのか?!【Mリーグ2020観戦記1/14】担当記者:ゆうせー

VS国士無双! 徹底検証!

朝倉康心はなぜ1索を押して

当たり牌の

9萬を止めたのか?!

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2021年1月14日

第一試合

東家 朝倉康心(U-NEXT Pirates)

南家 勝又健志(EX風林火山)

西家 前原雄大(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

北家 村上淳(赤坂ドリブンズ)

実況 松嶋桃 解説 白鳥翔

役満、国士無双のテンパイが入ったのは南3局1本場

捨て牌が二段目に差し掛かった頃だった。

その手の主は村上。

実況席も、モニターの前の我々も、胸の鼓動を抑え切れない。

そして、

でアガれるテンパイを入れていた朝倉は、このを、

押し、そして、

次に引いた当たり牌のを、

じっくりと考えをめぐらせたのちに、

とめた。

この記事では、上記二つを中心とした、この局の朝倉の一連の判断について検証してみたい。

まず最初に取り上げたいシーンは、

ここだ。村上が手からを打ち出した局面。

立体図で見てみよう。(明るい牌は手出し、影のついた牌はツモ切りです。)

さて、村上はどんな手だと読めるだろうか?

村上は3巡目にを手から切って、5巡目にを再び手の内から切り出している。

間にを挟んではいるものの、

含みのトイツ落としをしている」

のである。

これで、変則手のなかでも、チートイツトイトイ四暗刻が否定されることになる。

そして、三色をまんべんなく使った真ん中寄りのメンツ手も、赤をわざわざ並べてきていることから考えにくい。第一打のもまた、ピンフタンヤオ系の手を否定する材料にもなる。

ということは、村上の手は純チャンでなければ国士無双が濃厚だと考えられる。

さらにもう一歩踏み込んで考えよう。

村上が国士無双だと仮定すると、ダメ元ではなく相当アガリが見込める手格好だと読める。

いったいどこから分かるのだろうか?

それは、第二打のである。この

国士無双をボカしにいっている牌」

と考えられるからだ。

お出かけ気分で遠い役満を目指すときには、中張牌からバンバン切っていくことが多い。みなさんも経験から、分かっていただけるのではないだろうか。無理染めをするときに近い感覚だ。

だが、この局の村上はそうではない。アガりたいからこそ迷彩をかけにきている。本気度が違うのだ。

あくまでも読みの範疇の話になるのだが、第二打のに続いてのトイツ落としで、他三者は村上の国士を「本物だ」と感じたのではないだろうか。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!