渋川難波、3度の一発ツモで快勝!! 風林火山はABEMASを抜きいて、5位でフィニッシュ!!【Mリーグ2023-24 / レギュラーシーズン 】

渋川難波、3度の

一発ツモで快勝!!

風林火山はABEMASを

抜き5位でフィニッシュ!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」の108日目、第2戦は渋川難波KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。中盤で大きく加点に成功した渋川が逃げ切って、大量得点で快勝。MVPには及ばなかった勝又だが、2着で終了。チーム順位を5位に上げることに成功。BEASTは初年度、7位で敗退となった。

第2戦の対局者は、赤坂ドリブンズ浅見真紀EX風林火山勝又健志BEAST Japanext猿川真寿、そして渋川の4名。

東3局1本場、西家・渋川が赤2の手を一発ツモ。ウラ1の3000・6000をトップ目の勝又に親被りさせて、トップ目が入れ代わる。

南1局1本場、親を迎えた渋川は7巡目リーチを一発ツモ。2600オールで2着以下を引き離す。

つづく2本場、渋川は今度は5巡目リーチを高め一発ツモ! ピンフ・高めタンヤオ・赤1の6000オールで6万8000点越えに。

さらに3本場、ドラ1・赤1の【5ピン】単騎待ちをリーチツモ。ウラ1の4000オールで8万点オーバーに達する。

この大量リードで渋川が逃げ切ってトップ獲得。レギュラーシーズン最終戦をみごとなトップで締めくくった。

2着となった風林火山・勝又はボーダーを死守どころかABEMASをかわして5位でフィニッシュ。BEASTの初年度は7位敗退という結果に終わった。

渋川はインタビューで、

「うれしいですねぇ、ほとんど出番がないと思ってたので。出たら負けるわけにいかないな、とは思ってました。(直近の)3連続4着は忘れてセミファイナルでゼロからやろうと思ってたら、最後行ってこい! って言われたので、じゃあがんばってきます! っていう感じでしたね(笑)」

と語った。

【Result】
1着 渋川難波サクラナイツ 7万2600点/+92.6
2着 勝又健志・風林火山 3万8100点/+18.1
3着 猿川真寿・BEAST ▲500点/▲40.5
4着 浅見真紀・ドリブンズ ▲1万200点/▲70.2

【Total】
1位 U-NEXT Pirates +887.6(96/96)
2位 赤坂ドリブンズ +345.3(96/96)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +247.2(96/96)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +46.9(96/96)
5位 EX風林火山 ▲16.6(96/96)
6位 渋谷ABEMAS ▲22.1(96/96)
7位 BEAST Japanext ▲378.7(96/96)
8位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲484.5(96/96)
9位 セガサミーフェニックス ▲625.1(96/96)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラ ナイツvsBEAST

3月29日(金) 19:00 〜 3月30日(土) 00:00

詳細情報
赤坂ドリブンズvsEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsBEAST Japanext

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」Mリーグ2023-24の戦いはここからはじまる
今期より新チーム「BEAST Japanext(ビーストジャパネクスト)」を加えた9チーム、新Mリーガー7名の誕生、計36名でのシーズンとなる。
2023-24シーズンでは新レギュレーションが適用され、KADOKAWAサクラナイツU-NEXT Piratesがチーム体制変更レギュレーション対象となり、
セミファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替えによってチーム編成を変更しなければならない。
賞金5000万円と優勝シャーレの栄光を手にするチームはどこだ?!

キャスト

赤坂ドリブンズ
EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
BEAST Japanext
実況:小林未沙
解説:村上淳
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vsサクラ ナイツvsBEAST

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/