園田賢、遠かったトップを7戦ぶりに獲得!! ドリブンズが足切り争いから一歩抜け出す!!

園田賢、

遠かったトップを

7戦ぶりに獲得!!

ドリブンズが足切り争いから

一歩抜け出す!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2020」の開幕57日目、第2戦は園田賢赤坂ドリブンズ)が、トップを獲得。序盤に親のマンガンをアガってリードした園田だったが、高宮・二階堂の猛追にあう。オーラス高宮の親リーチをみずから潰すアガリをものにして、園田が3勝目をあげた。

第2戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部高宮まりEX風林火山二階堂亜樹U-NEXT Pirates石橋伸洋、そして園田の4名。

開局は南家・園田がツモのみの300・500のアガリで静かな立ち上がり。

しかし東2局、点数が大きく動く。西家の高宮が5巡目に待ち高めピンフの先制リーチ。10巡目には2フーロしている南家・石橋がソーズのホンイツ・赤1ののシャンポン待ちでテンパイ。そして次巡、石橋からドラのをポンしている園田にテンパイが入る。タンヤオ・ドラ3の待ち。2巡後に石橋が、を打ち抜いて12000点の放銃。園田が頭一つ抜けるトップ目に立つ。

しかし園田、南2局2本場ではと仕掛けた高宮ののあと付けに放銃。ドラドラの3900点を失点。勝負は園田・高宮・二階堂の三つ巴に。

オーラス、親の高宮が7巡目に先制リーチをかける。ドラのが雀頭のピンフ・高めイッツー待ち。安めツモでも一気にトップに突き抜ける、弩級のリーチ。

トップ目の園田も黙っていない。と仕掛けてホンイツ・ドラ1の待ちテンパイ。を引き当てて園田の1000・2000のアガリで試合終了。園田が久々の勝利で3勝目を勝ち取った。

園田はインタビューで、

「一安心したっていう感じですね。まだドリブンズはマイナスポイントなんで、全然笑える状況じゃないんですけど、ラスを引くのはこんなに簡単なのにトップを取るのって、いや連対するのさえなんて難しいんだろうって思っていたところなんで、とにかく一安心しました」

と語った。

【Result】
1着 園田賢・ドリブンズ 3万8200点/+58.2
2着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 2万6800点/+6.8
3着 二階堂亜樹・風林火山 2万6100点/▲13.9
4着 石橋伸洋・パイレーツ 8900点/▲51.1

【Total】
1位 渋谷ABEMAS +426.7(56/90)
2位 EX風林火山 +308.9(58/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲16.4(58/90)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲31.3(56/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲42.6(56/90)
6位 赤坂ドリブンズ ▲88.4(58/90)
7位 セガサミーフェニックス ▲208.6(56/90)
8位 U-NEXT Pirates ▲348.3(58/90)

「大和証券Mリーグ2020 麻雀格闘倶楽部vs風林火山vsPirates vsドリブンズ」

詳細情報
KONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山vsU-NEXT Pirates vs赤坂ドリブンズ

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2020」
1月14日の対戦はKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsEX風林火山vsU-NEXT Pirates vs赤坂ドリブンズ

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

KONAMI 麻雀格闘倶楽部
EX風林火山
U-NEXT Pirates
赤坂ドリブンズ
実況:松嶋桃
解説:白鳥翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!