日向藍子、多井隆晴、 渋谷ABEMAS苦渋の一日と控え室の風景と【熱論!Mリーグ】担当記者:東川亮




熱論!Mリーグ【Thu】
日向藍子、多井隆晴、
渋谷ABEMAS苦渋の一日
と控え室の風景と

文・東川亮【木曜担当ライター】2019年10月24日

10/24、Mリーグ。この日、筆者は取材で渋谷ABEMASの控え室を訪れていた。選手は4人勢揃い。渋谷ABEMAS控え室を訪れたのは2回目なのだが、試合前は和気藹々としており、非常に雰囲気はいい。この日は夕方前に、日向藍子の第1戦目登場が発表されており、選手たちはハイタッチをして、日向を送りだした。

第1回戦

東家:藤崎智(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

南家:魚谷侑未(セガサミーフェニックス)

西家:瀬戸熊直樹(TEAM RAIDEN / 雷電)

北家:日向藍子(渋谷ABEMAS)

 

仲間たちが闘牌を見つめる中、東2局1本場、日向は先制リーチで瀬戸熊から満貫を出アガリし、幸先のよいスタートを切った。

その後、東3局には親の瀬戸熊に6000オールをツモられていったんまくられるものの、親番の東4局ではダブの7700点を藤崎から出アガリして連荘。ここから一気に加点していこう、というところだったが、そこに落とし穴が待っていた。

次局の瀬戸熊のリーチに対し、テンパイを組んでいた日向は一発で8000は8300を放銃。

そして悪夢の南1局。藤崎がドラののシャンポン待ちでリーチ。藤崎の河が強く、日向は数巡後に手詰まってしまう。

「ヤバイ、だ、これは無理だ・・・」

戦況を見つめていた仲間が、観念したように声を絞り出す。

選ばれたのは、藤崎の切っていたのスジ、だった。

さらに、裏ドラは放銃した。リーチドラ5、18000点の失点となってしまい、日向は一気にラス目へと転落。

日向はその後も後手に回る展開が続き、南2局では魚谷が立て続けに大物手をツモったことで、素点はマイナスに。

何とか素点を稼ぎ、着アップを狙いたい最後の親番。日向はドラや赤含みのイーシャンテンまでこぎ着け、リーチにも必死で押し返し、ツモって逆転のリーチを打った瀬戸熊の見逃しもあったが・・・。

魚谷の待ちをスジで掴み、放銃。辛い半荘は、最後まで辛いままに終わった。

控え室に戻ってきた日向は、やはり憔悴しきった様子だった。ただ、その中で選手全員が打牌や選択について話し合い、意見交換を図る。

東3局1本場のシャンポン待ちでリーチを打つべきだったのか。

東4局1本場、ドラのから鳴くべきだったのか。

思い出したくないであろう半荘を思いだし、次々と局面を振り返っていく。その様からは、厳しい痛みを少しでも糧にしようという、日向や選手たちの思いが感じ取れた。

 

第2回戦

東家:佐々木寿人(KONAMI麻雀格闘倶楽部)

南家:魚谷侑未(セガサミーフェニックス)

西家:萩原聖人(TEAM RAIDEN / 雷電)

北家:多井隆晴(渋谷ABEMAS)

 

「俺が取り返してきてやる」

そう言って第2回戦へ臨んだ多井は、大きなアガリこそないものの、巧みな選択で細かく加点をしてゲームを進める。

この記事のタイトルとURLをコピーする