日向藍子、多井隆晴、 渋谷ABEMAS苦渋の一日と控え室の風景と【熱論!Mリーグ】担当記者:東川亮

多井がアガリを決めれば控え室の選手たちは喜び・・・

ハイタッチ。

「この麻雀マシンだけはマジで強いわ」

白鳥翔が感嘆の弁を漏らす。

しかし南3局には萩原が魚谷から連続して出アガリし、多井はこの点棒状況でオーラスを迎えた。ひとアガリすればトップが見える状況、控え室の選手たちの応援にも力が入るが・・・。

トップまでハネ満ツモ条件の魚谷が裏ドラ次第の5巡目リーチ。

さらに次巡、寿人もカン待ちリーチで応戦。

アガリを目指しつつ、絶対に放銃は避けたい多井。ギリギリまで粘ったが、15巡目で魚谷の現物であるを中抜き、2着もやむなしという覚悟を決めた。

しかし、現実は無情だった。16巡目、魚谷が高めのをツモアガリ。現時点でリーヅモイーペーコー赤、満貫止まりだが・・・

裏ドラのは、魚谷の大逆転勝利と共に、多井の3着落ちを告げた。

恐らくその瞬間、セガサミーフェニックスの控え室はきっと歓喜に包まれていたのだろう。一方で渋谷ABEMASの控え室には、膝から崩れ落ちる白鳥や松本吉弘らの姿があった。残酷なコントラストである。

「あんなことなら最後まで押しておけばよかった」

控え室に戻った多井はそう語っていた。しかしその押しは無謀と紙一重。危うい中でもしっかりとバランスを取ってこられたからこそ、多井は長いリーグでの戦いで好成績を残し続けてこられたのだと思う。そして、最善を尽くしてもなお残酷な結末が待ち受けているのも、麻雀というゲームである。

 

2人に、試合後の弁を聞いた。

日向藍子

「家に帰って早く見直したいですね。こっちだったほうがよかったとか、あるじゃないですか。ひとつ掛け違えみたいなのがあったときでも、こんなに痛い思いをすることってあまりないから。反省はしますけど、引きずりたくはないですね。

どうしてもの後悔は特にないんです。本当にやっちゃったとは思っていないから。でもこっちのほうが良かったんじゃないか、という思考はあるので、そこはまた、一人で判断できないところは仲間に聞いて、変えていこうと思います」

多井隆晴

「いまいちでしたね。もっと押せば良かったです、3着になるくらいなら。あんなことになるとは思わなかったです。でも、まだ全然なので。ここで稼いでも、結局優勝しなければ意味がないですし、優勝するように。うちは本当に発展途上というか、伸び代が一番多いチームだと思っているので、僕がしっかりと彼らのバックアップをして、彼らの成長の手助けになれれば、どんどんこのチームは強くなると思います」

 

10/24の対局は、渋谷ABEMASにとって非常に苦い結果を突きつけられることとなった。ただ、長いシーズンの中には、必ずこういった日もある。

この日出番がなかった白鳥は、「自分が負けても他の人が返してくれる」と、日向を気遣う言葉をかけていた。痛みを受け入れながら、前へ。渋谷ABEMASは全員で支え合って、次なる戦いに臨む。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!