魚谷侑未、ファイナル2連勝!! 絶好調の最速マーメイド、 いったい誰が止めるのか!?

魚谷侑未、

ファイナル2連勝!!

絶好調の最速マーメイド、

いったい誰が止めるのか!?

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ2日目」の第2戦は、魚谷侑未セガサミーフェニックス)がトップを獲得。東場の親でマンガンをツモった朝倉がリードする展開だったが、魚谷は南場に入って逆転。3度のマンガンツモアガリを見せて、ファイナル個人2連勝を勝ち取った。

2回戦の対局者は、渋谷ABEMAS松本吉弘KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠U-NEXTパイレーツ朝倉康心、そして魚谷。

流局が続いた東3局、親の朝倉がをポンしてトイトイのテンパイ。するとアンコのヤミテンにしていた沢崎がツモ切りでリーチ。親に勝負を挑む。

結果は朝倉のツモアガリ。三暗刻がついて4000オール。まずは朝倉が一歩リードする。

次局、朝倉がリーチで攻め続ける。魚谷の手はすでにアンコ・ドラ2のチーテンが入っている。待ちは。そこへ魚谷、4枚目のをツモってきてアンカン。朝倉との真っ向勝負にツモり勝ってを引き当て、・ドラ2の2000・4000。リーチ棒もゲットして、朝倉のリードに待ったをかける。

南1局には親番の松本が、・ドラ1・赤1をツモアガって2000オール。松本もトップに王手をかける。

次局1本場、松本がさらにリーチで気炎を上げるが、魚谷が行く手を阻む。松本の待ち牌であるをアンコにしてのドラ2の手牌で追いかけリーチをかける。魚谷の待ちもカンだが、こちらは牌山に4枚残り。魚谷がゆうゆうツモりあげて2000・4000。

魚谷が朝倉をかわしてトップ目に立つ。

南4局1本場、先制テンパイを入れた魚谷はカン待ちで5巡目にリーチ。役ありテンパイへの変化を断って、が良いと判断したリーチだったがこの読みがズバリ的中。3巡後にツモアガリ、ウラドラが雀頭というおまけ付きの2000・4000で、ファイナル個人2連勝を決めた。

勝利者インタビューで魚谷は、
「すなおに嬉しいです。トップ取れるか微妙なところでしたけど、なんとか取り切れて良かったなっていう気持ちです。この後も精一杯、最後まで闘い続けますので応援よろしくおねがいします!
と語った。

【Result】
1着 魚谷侑未・フェニックス 4万2900点/+62.9
2着 朝倉康心・パイレーツ 2万8300点/+8.3
3着 松本吉弘・ABEMAS 2万1900点/▲18.1
4着 沢崎誠サクラナイツ 6900点/▲53.1

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +186.0(4/12)
2位 渋谷ABEMAS +87.9(4/12)
3位 U-NEXT Pirates +44.5(4/12)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲59.7(4/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲65.0
6位 TEAM雷電 ▲86.8
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ2日目」

KADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

2019ファイナルシリーズは、セミファイナルシリーズを勝ち抜いた
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
UーNEXTパイレーツ
による直接対決!

セミファイナルシリーズのスコアを半分持ち越し4チームによる計12戦を行い、優勝チームが決定します。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:佐々木寿人
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ2日目

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!