日向藍子、優勝を勝ち取る気概に満ちたポジティブファイト!! ABEMASファイナル初勝利!!

日向藍子、

優勝を勝ち取る気概に満ちた

ポジティブファイト!!

ABEMASファイナル初勝利!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ2日目」の第1戦は、日向藍子渋谷ABEMAS)がトップを獲得。終始強気の攻めを見せた日向が東場の親番でトップに立ち、逃げ切りのトップでABEMASにファイナル初勝利を持ち帰った。

1回戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ内川幸太郎U-NEXTパイレーツ瑞原明奈セガサミーフェニックス近藤誠一、そして日向。

微差で迎えた東4局。親番の日向が赤2の待ちで先制リーチ、そしてツモ。4000オールで先行する。

同1本場で2900点の加点に成功した日向、同2本場でもを暗カンしてカン待ちの赤1の手で先制リーチ。しかしアガったのは瑞原。日向のリーチに対応してカン待ちのテンパイに受けたところ、次巡ツモアガリ。タンヤオ・ドラ1・赤1のマンガンで2番手に浮上する。

その瑞原の親番の南1局。負けじと近藤が、リーチ・ピンフ・ドラ1・赤2・ウラ1の手をツモアガリ。3000・6000で近藤が2番手に。

近藤はさらに南3局1本場に、ドラのをアンコにしたマンガンをツモアガり、日向に1600点差に迫る。

迎えたオーラス、瑞原に大逆転手が入る。ドラをアンコにしたツモリ四暗刻のテンパイ! 待ち牌はそれぞれ2枚と1枚山に残っている。ツモればもちろん一気にトップ。近藤か日向から出れば2着に浮上となるのだが…。

2枚目のが近藤の手にいくが、近藤は自分で捨てているを手に入れて出さない。その間に日向のアタリ牌であるが、瑞原からツモ切られて日向の2900点のアガリとなった。

その後日向は1000オールを加点して、2本場は流局。日向が手牌を伏せて試合終了となった。

勝利者インタビューで日向は、
「(昨日は)惜しくも2着2着で、トップを取りたいという気持ちだけで練習もしてきたので、結果が出てよかったなと思いました。このファイナル、優勝したい気持ちがあふれてます。この熱い気持ちのままABEMASは優勝目指して駆け抜けます!
と語った。

【Result】
1着 日向藍子・ABEMAS 4万5600点/+65.6
2着 近藤誠一・フェニックス 3万6700点/+16.7
3着 瑞原明奈・パイレーツ 1万1900点/▲28.1
4着 内川幸太郎サクラナイツ 5800点/▲54.2

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +123.1(3/12)
2位 渋谷ABEMAS +106.0(3/12)
3位 U-NEXT Pirates +36.2(3/12)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲6.6(3/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲65.0
6位 TEAM雷電 ▲86.8
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ2日目」

KADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

2019ファイナルシリーズは、セミファイナルシリーズを勝ち抜いた
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
UーNEXTパイレーツ
による直接対決!

セミファイナルシリーズのスコアを半分持ち越し4チームによる計12戦を行い、優勝チームが決定します。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:佐々木寿人
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ2日目

  • 雀荘感想キャンペーン
    Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!