変幻自在の鳴きで卓上を駆けるマジシャン その名は園田!【熱論!Mリーグ】

ほぼ安全な牌であるを打ってきたことから、他家からはイーシャンテンかテンパイに見えることだろう。

しかしその正体は後付け。なんと憎らしい鳴き仕掛けだろうか。

このまま3900点の手になるかと思われたが、なんとドラが暗刻に。

これを難なくツモって、

2000-4000のアガリ。

テンパイした後もマンズを切っていないだけに、他家からはマンズのホンイツに思われていたに違いない。

開けられた手を見て、朝倉・勝又・近藤の3人は何を思うだろうか。

もし面前で進めていたら、絶対にこんな手には化けなかっただろう。

まさに「園田マジック」である。

 

そしてトップ目に立った南3局でも園田マジックが炸裂する。

ここから近藤の打ったを両面でチー。

これだけの手材料があり、面前で進めれば跳満まで見える手である。

からは鳴けても、は鳴けないという人も少なくないはず。

普段から遠い仕掛けも織り交ぜている園田だからこそ出来るチーだ。

そして、ドラ3になって真っ直ぐ手を進めていた近藤からをチーしてテンパイまで漕ぎつけた。

 

最後は近藤から打ち出されたを捉えて8000のアガリ。

これには解説の多井も「彼は魔法使いだよ!」と大絶賛。

この2度の満貫のリードを活かして逃げ切った園田が3勝目を挙げた。

鳴きを駆使して相手を牽制し、はたまた油断させてあっという間に高打点を作り出す。そんな園田のクレバーな打ち回しが目立つ半荘となった。

この勝利でドリブンズはプラス域に復帰。

パイレーツがポイントを減らしたため、2~6位のチームが大混戦となっている。

勝利者インタビューでも「今日は自分らしい麻雀が打てた」とはにかむ園田。

ドリブンズの抜群のチームワークについても語りつつ、

「見てもらえる人々に“面白い”と思ってもらえるような麻雀を打っていきたい」

と締めくくった。

果たして次の試合ではどんなマジックを見せてくれるのだろうか。

変幻自在のマジシャン・園田賢、そして赤坂ドリブンズの戦いは続いていく。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!