滝沢和典、最終日を残して望みをつなぐ、チーム5勝目!!

滝沢和典、
最終日を残して望みをつなぐ、
チーム5勝目!!

3月30日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その7日目3回戦は、EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。
チームは6勝目をあげ、ドリブンズ追撃に望みを繋いだ。

対局者は、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、
赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会)、
渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)、
そして滝沢。

並びは、滝沢・園田・佐々木・多井。

開局は、佐々木と滝沢のリーチ合戦。
これにEX風林火山にだけはトップを取られたくないドリブンズ園田が、佐々木の風牌のを差し込み。
シビアな立ち上がりとなる。

南1局は滝沢と園田がリーチで直接対決。
結果は園田が、滝沢に放銃してリーチ・赤1・ウラ1の7700点。

そして同2本場、滝沢が6巡目に3メンチャンの充分形でリーチをかけて、一発ツモ!
リーチ・一発・ツモ・ドラ1・赤1・ウラ1の6000オールで他言えを大きく引き離す。

オーラスは、ラス目の園田が、3位に浮上となる・ドラ1・赤1の1000・2000をツモってゲームセットとなった。

滝沢は勝利者インタビューで、
「園田選手にマークされてのトップラスだったので、うれしいですね。オーラスは(3着の)寿人頑張れと思ってました。を(園田に)鳴かせたのは甘かったかもしれません」と語った。

【Result】
1着 EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)4万1900点/+61.9
2着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)2万5800点/+5.8
3着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦日本プロ麻雀協会) 1万7400点/▲23.6
4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟) 1万5900点/▲44.1

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +565.1(21/24)
2位 EX風林火山 +265.1(21/24)
3位 渋谷ABEMAS ▲287.1(21/24)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲294.6(21/24)

10月1日に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」
レギュラーシーズンを終え、上位4チームがファイナルシリーズへと進むことになった。
赤坂ドリブンズ,EX風林火山,KONAMI麻雀格闘倶楽部,渋谷ABEMAS
の4チームで初代王者の座をかけて戦う。

ァイナルシリーズは全24戦で決着。1日3戦を戦う。
Mリーグ初代王者になるチームはどこだ!?

(C)AbemaTV
Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ7日目

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする