目指すは”逃げ切り”ではなく”完全優勝” 強気なゼウス・鈴木たろうのリーチ選択【熱論!Mリーグ/FS第19節】

熱論!Mリーグ【FS第19節】

目指すは”逃げ切り”

ではなく”完全優勝”

強気なゼウス・鈴木たろうの

リーチ選択

文・真中彰司【FS第19節担当ライター】2019年3月30日

 

2018年10月1日に開幕し、半年という長い期間にわたって、熱い戦いを繰り広げてきたMリーグ。

そのMリーグが、あと6半荘で終わろうとしている。

現在の順位は以下の通り。

レギュラーシリーズをギリギリ4位で通過したドリブンズが独走中。

2位の風林火山も何とか喰らい付いているが、優勝のためにはどうしてもドリブンズとのトップラスが欲しい。

そんな両チームの思惑が交錯する先発起用。

風林火山は、ゲームメイクに定評のある軍師・勝又健志

対するドリブンズは、ここまでラス無しで絶好調の鈴木たろう

ウイニングロードを走るために、バトンはゼウスに託された。

2

まずライバルの勝又が先行している親で、前原からリーチが入る。

麻雀格闘倶楽部もAbemasとトータルで競っているため、全力でトップを狙う。

対するたろうは、のターツを払う途中でが浮いていた。

そこに、次巡ツモ切られたをチーして三色を確定させる。

勝又の親は何としても流したいため、前原への放銃はむしろ歓迎かもしれない。

と思いきや、の対子落としで迂回。

危険なを切らない、慎重かつ余裕のある打ち回しを見せた。

ここは風林火山とのトップラスを回避するのが先決。

わざわざ点棒を減らす必要は無いとの判断だろう。

その後も粘ってはいたが、終盤に勝又の親リーチを受けて撤退。

勝又への放銃は絶対にタブーだ。しかし連荘もされたくない、と願っていると…

前原が2000-4000をツモって場を進めてくれた。

自分の失点を5200点から2000点に抑え、一時的だが勝又が2着になった。

を打たないことで、ドリブンズはまた優勝への期待値を積み上げたのだ。

3

たろうはここでも徹底的に勝又をマーク。

国士模様の河をしている勝又に対して、4枚目のを先に見せた。

このを見せなければ、勝又が国士無双を目指して他家に放銃することも期待できる。

しかし、たろうはあえて4枚目を見せ、前原と松本が攻めやすいようにしたのだ。

この局は狙い通り松本がツモアガり、場は進んでいく。

すると、たろうは親番で怒涛の連荘を見せる。

まずは6000オールで主導権を握ると…

続く1本場は早いリーチからの4000オール。

更に2本場では、勝又から5800を直撃してラスに沈めた。

ゼウスがこうなったら、もう誰も手が付けられない。

43本場

勝又がたろうの親を流すべく、をポンしてテンパイを入れる。

ドラのはまだ見えていないため、他家にとっては怖い仕掛けだ。

この仕掛けに対し、たろうは一旦を止めて七対子に方向転換。

もし勝又が筒子のホンイツならば、打点は確実に満貫以上。

この記事のタイトルとURLをコピーする