チームプレイと自分らしさ…立直を捨てて立直で決めた村上淳、渾身のゲームメイク【熱論!Mリーグ/FS第20節】

熱論!Mリーグ【FS第20節】

チームプレイと自分らしさ…

立直を捨てて立直で決めた

村上淳、渾身のゲームメイク

文・危険な鬼太郎【FS第20節担当ライター】2019年3月30日

 

19回戦では、鈴木たろうが見事なトップをとった赤坂ドリブンズ。

この点棒で固めた強固な城を攻め落とせるチームなど存在するのだろうか?また、他の3チームはそれぞれどういう風に攻めるんだろうか。

観ていきたい。

東1局

白鳥が早々にダブをポンして聴牌。

でアガれれば打点は十分…だったが、白鳥の待ちは無くなり、3者も受けながら進行していく。

流局するのか?と思いきや、勝又が聴牌。

白鳥の捨て牌もまぁまぁトイトイ臭い。ドラのはシャンポンの形でしか放銃の形にならず、トイトイに当たる可能性がある。

勝又はいともたやすく、ドラのを捨てた。

白鳥はダブをポンしている。が対子だった場合、考えられるのはドラの雀頭の両面マンガンのケースが多い。

トイトイにしてアガリにくい18000にするよりもアガりやすい12000を選択するはず…。となればのほうが遥かに危険だ。

白鳥からをとらえて3200。

理で考えればドラは切れる牌だ。だが、まるでコンピューターが打っているような打牌速度の勝又の思考の早さに驚いた。

東2局

白鳥がヤミテン。

ドラのを切ってのピンフヤミテン。

白鳥の考えることは大きく分けて二つしかない。自分がトップになることと、ポイントの近いコナミよりも上の着順で終えることだ。

なら、役もピンフしかなく、親の現物のヤミテンは当然のように見えた。

村上がをポンして白鳥に放銃。

 

正直、村上がを一枚目からポンしてこの二千点の聴牌を取ることには驚いた。普段なら鳴かずにメンゼンで仕上げ、なら渋々鳴く村上を見てきた。

場を軽く軽く回すドリブンズの作戦が見えている。

それを後押しするように、東4局ではマンガンを寿人からアガる。

まだまだ勝又がトップだが差は微差。捲ることは容易だ。

南2局

トップの勝又を捲りにかかる村上に選択。

手牌だけを見るなら広さでをツモ切りしたいところ。だが、自分の手がドラ3だとすれば鳴いてタンヤオドラ3が狙える打も優秀に見える。

どちらも非常に優秀で甲乙つけがたい問題だが、村上は打に決まっていると思っていた。二つ名がリーチ超人と言われているほどの男だ。

タンヤオドラ3の愚形よりもピンフドラ3のリーチを優先させる…。

リーチ超人がリーチを優先させない打。村上らしくは無いが、チーム事情にはマッチしている一打だ。

これでタンヤオドラ3のポンテンが取れて、親リーなどに対して降りを選択できるようになるクレバーな一打。

しかし、ここは親の寿人のアガリ。

6000オールで勝又を捲った。

これは村上にとっても悪くはない。第一に優先させることは風林火山にトップを取らせないことだ。

南2局一本場

村上が聴牌

を切ってリーチを打てばは盲点になるが、ここは待ちに受ける。

リーチ超人はチームのためにリーチを捨てる。

勝又もを鳴いて聴牌を入れる

待ちは弱いが親の寿人の現物で3900ある。まぁ十分な待ちと打点だ。

親の寿人も追いつくように聴牌!

この記事のタイトルとURLをコピーする