勝又健志、EX風林火山のチームワークで、ドリブンズを追撃!!

勝又健志、
EX風林火山のチームワークで、
ドリブンズを追撃!!

3月23日に行われたプロ麻雀リーグ「Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」。
その5日目3回戦は、EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟)がトップを獲得。
赤坂ドリブンズの3連勝を阻止する、価値ある1勝をあげた。

対局者は、
赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)、
KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大(日本プロ麻雀連盟)、
渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)、
そして勝又。

並びは、前原・勝又・鈴木・多井。

全員2万点台で迎えた南1局1本場。
親の前原の仕掛けにプッシュした勝又が、ピンフ・ドラ1・赤1のツモアガリ。

南3局、タンヤオピンフでリーチした勝又が、前原から3900点のアガリ。

オーラスも勝又が、多井から2000点をアガって、トップを決めた。

勝又は勝利者インタビューで、
「絶対にトップをとらなければいけない半荘で、手が入ってくれて良かったです」
と語った。

【Result】
1着 EX風林火山・勝又健志(日本プロ麻雀連盟) 4万300点/+60.3
2着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU) 2万3200点/+3.2
3着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会) 1万8700点/▲21.3
4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟) 1万7800点/▲42.2

【Total】
1位 赤坂ドリブンズ +444.0(15/24)
2位 EX風林火山 +265.1(15/24)
3位 KONAMI 麻雀格闘倶楽部 ▲170.0(15/24)
4位 渋谷ABEMAS ▲290.6(15/24)

10月1日に開幕したプロ麻雀リーグ「Mリーグ」
レギュラーシーズンを終え、上位4チームがファイナルシリーズへと進むことになった。
赤坂ドリブンズ,EX風林火山,KONAMI麻雀格闘倶楽部,渋谷ABEMAS
の4チームで初代王者の座をかけて戦う。

ファイナルシリーズは全24戦で決着。1日3戦を戦う。
Mリーグ初代王者になるチームはどこだ!?

(C)AbemaTV
Mリーグ2018 朝日新聞ファイナルシリーズ5日目

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

好評発売中!!!!

Amazonはこちら→「麻雀強者の0秒思考」

この記事のタイトルとURLをコピーする