多井隆晴の茨の道 限界を超えたリターン追求の行方【熱論!Mリーグ/FS第13節】

熱論!Mリーグ【FS第13節】

多井隆晴の茨の道

限界を超えた

リターン追求の行方

文・真中彰司【FS第13節担当ライター】2019年3月23日

 

2週間の充電期間を挟み、ファイナルシリーズも今日から後半戦に突入。

泣いても笑ってもあと12半荘で優勝チームが決まる。

優勝争いはドリブンズと風林火山の激しいデッドヒートになっている。

反対に、下位2チームは置いていかれて厳しい状況だ。

麻雀格闘倶楽部は最低4勝、そしてABEMASは最低でも5勝が必要になる。

最低でも12半荘中5勝以上。

崖っぷちのABEMASが送りだしたのは、エース多井隆晴

先週は痛恨の大三元放銃という憂き目に遭った。

 

チームもサポーターも自分の失点も、全て背負って卓上へと向かう。

1、起家の多井は攻撃モード全開。

ドラと赤があるとはいえ、カンチャン2つ残りの苦しい形。

を残して安全に進行する手もある。

しかし今欲しいのはトップだ。そして親番はあと24回しかない。

そのためにはも、いやですら逃せない。

手牌を目いっぱいに広げて打っていく。

ようやくテンパイしたが、待ちのカンは既に3枚切れ。

さすがに勝算が薄いと見て、ダマテンに構える。

しかし、リーチしなかったために押しやすくなった村上がテンパイ。

タンヤオ赤赤ドラ、待ちの満貫。

さすがのリーチ超人もここはダマテンに構える。

多井もテンパイを維持したまま、最終ツモに手を伸ばす。

「掴むなよ?絶対に掴むなよ…?」

白鳥の、松本の、そしてABEMASサポーターの張りつめた声が聞こえてくる。

多井の最終ツモは。ここは凌ぎ切って2人テンパイ。

なんとか連荘に成功した。

続く11本場、ここも多井は目一杯攻めていくが…

しきりに警戒している相手が1人。

同じく崖っぷちの麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人だ。

チートイドラドラの単騎で満貫確定。ツモれば跳満だ。

これに飛び込んだのは、首位ドリブンズの村上。

結果として寿人に先行されたものの、多井にとっては悪くない横移動だ。

東2局では、なんとこの形から、3巡目にカンをチー。

あの打点重視の多井が、まだ序盤の3巡目に、pastedGraphic_22.pngバックで2000点。

見たことの無い多井の仕掛けに、鬼気迫る覚悟を感じた。

しかし村上のドラ3リーチを受け、この局はあえなく撤退。

亜樹・寿人も手が整わず引き気味だ。

一人旅となった村上が跳満をツモ上がり、ラス目から一気にトップへ。

他3チームにとっては辛い展開になってしまった。

なんとしても村上の独走を止めたい31本場

多井にドラ3のチャンス手、しかもがポンできた。

最終的にはカンと一見苦しい形になったが、なんとこの時点で山に4枚。

道中、を引いて小考。

を切ると、ツモで3面張へ移行できる。

しかし多井はツモ切りを選択。

あわよくば暗槓して跳満まで目指そうという意志が見える。

この手を寿人からアガって、本日初アガリの8000点。

村上からの直撃とはいかなかったが、着実にトップを狙っていく。

4も、ピンフのみの手で寿人と村上の仕掛けに真っ向勝負。

どんなに安い手でも、全力で打点を上げに行く。

ハイリスク・ローリターンだが、直撃を狙うためにはこうせざるを得ない。

そして村上も満貫のイーシャンテン。

多井は静かに待っていた。

村上に大物手が入り、押さざるを得なくなるその瞬間を。

「ロン。3900」

ついに守備力の高い村上からの直撃に成功。

たった1枚の裏ドラでも、今のABEMASにとっては救いの神様だ。

村上との点差を維持しつつ迎えた3

ぜひとも村上に親被りさせて逆転したいところ。

しかし、どうも河がおかしい。

なぜか字牌が1枚も出てこないのだ。

念のため、は切らずに留めておく。

4巡目、最初に場に放たれた字牌はだった。

これを村上がポン、ピンズのホンイツ模様の河になった。

異常事態を察知した多井は、の対子落としで一時撤退。

自身の手は、リーチのみになりそうな2シャンテン。

を打つには、あまりにも手牌が見合っていない。

そこに亜樹からのリーチで、が通った。

運よくが暗刻になり、多井もを合わせる。

は勝負牌になりつつあったが、まだ切れない。

村上と亜樹に真っ向勝負を挑むのだから、それなりの待ちでなければ…

ついに引いた。4面待ちになる、ほぼ唯一の

打点もをツモれば満貫と、及第点だ。

は危険だが、もう行くしかない。

多井は勢いよくを横に曲げた。

「…ロンっ!18000」

ABEMASサポーターの悲鳴が聞こえた。

声の主は村上。小三元までついての跳満だった。

12000までは覚悟していた多井も、さすがに18000は想定外。

「はい…」と力なく点棒を差し出した。

なんとか2着を確保しようと、必死にテンパイを取りに行く多井。

村上のリーチが入っているが、が3枚見え、も3枚見え。

はいかにも通りそうな牌だ。

しかしこのが村上の当たり牌だった。

裏ドラも乗って12000の放銃。

この連続放銃の失点を取り戻せず、多井はラスのまま半荘を終えた。

しかも首位のドリブンズ・村上が約8万点の大トップ。

多井はかつてないほどのプレッシャーを感じて対局に臨んでいる。

そのプレッシャーに打ち勝つために、これまでよりもリターンを求め、積極的にリスクを取りに行ったはずだ。

この日のABEMASは終始波に乗れず、首位ドリブンズとの差は734.6ptに広がった。

しかし、

ここからがABEMASなんじゃないのか?

レギュラーシーズンも、一時は首位から6位にまで落ち込み、ファイナルシリーズ進出を危ぶまれていた。あのときも多井の大活躍で勝ってきたではないか。

まだ諦めるには早すぎる。

多井を中心にABEMASは必ず追い上げてくると、サポーターは信じている。

 

真中彰司
関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

(C)AbemaTV