運命のルーレットを廻して 担当記者 ゆうせー【Mリーグ2023-24観戦記 2/22 堀慎吾 VS 東城りお VS 猿川真寿 VS 瀬戸熊直樹】

運命のルーレットを廻して

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2024年2月22日

戦う人の姿とたった1つの牌の後先が、応援する人の心を、涙腺を、揺さぶる競技。

それが麻雀。

ここまでのチームランキングは、

こうなっている。

今日は、

6位雷電、7位フェニックス、9位BEASTの「ボーダーライン攻防戦」。

「やはり」というべきか、

各チームの想いが、ぶつかり合う試合となった。

東家:堀慎吾KADOKAWAサクラナイツ
南家:東城りおセガサミーフェニックス
西家:猿川真寿BEAST Japanext
北家:瀬戸熊直樹TEAM RAIDEN / 雷電)

先制したのは、

フェニックス、東城だった。

東3局に、

ハネマンをツモアガリ。

そこへ、

連荘で自身のボルテージを高めながら、雷電、瀬戸熊が追ってくる。

東4局1本場には、リーチ赤裏の7700は8000のアガリを決める。

東城と瀬戸熊のマッチレース。

東場はそんな様相だったが、

遅れてきたBEAST、猿川が親番で追撃を始める。

南3局

東城が切った【9マン】を、

「ロン」

仕掛けていた猿川がとらえる。

倒れてゆく手を、見つめる東城。

開けられたのは、

【中】赤赤の5800。

これで、トップから3着までが、ギュッと縮まった。

続く南3局1本場、8巡目に、

猿川にド級のテンパイが入る!

赤を3枚全て使った手での、カン【2マン】リーチ。

リーチした時点で、これがなんと山に4枚。

ツモれるか…

来たか?!

違う。

子方は皆、受け気味であった。

となると焦点は、猿川がアガリ牌を引き寄せられるかどうか。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ/