やれる事は全部やる、チーから始まる鈴木たろうのドリブンズ浮上生活【Mリーグ2022-23観戦記1/9】担当記者:徳岡明信

やれる事は全部やる
チーから始まる鈴木たろう
ドリブンズ浮上生活

文・徳岡明信【月曜担当ライター】2023年1月9日

「崖っぷち」
まさにその言葉通り。
第1試合終了時点で赤坂ドリブンズの負債は-500pの大台がすぐ背後まで迫ってきてしまった。
今シーズンでファイナルに残れなければレギュレーションにより誰かが必ずチームを去る事となってしまう。

何としてもそれは阻止したい、その為にもこれ以上の負債は絶対に許されない。

 

この先、残りの一戦一戦が大一番となってくるであろう。

今宵、鈴木たろうはその責務を噛み締め卓へと歩みを詰める。

第2試合

東家:仲林圭 (U-NEXT Pirates)
南家:茅森早香 (セガサミーフェニックス)
西家:勝又健志 (EX風林火山)
北家:鈴木たろう (赤坂ドリブンズ)

たろうだけが進める細く険しいアガりへの道

たろう以外がアガリを決めて迎えた東4局
点棒状況は平たい。
何としてもここでアガリをものにして抜け出したいたろうの親番。

悪い。ただただ悪い。
理牌しなくてもわかる配牌の酷さ。
役牌なのかタンヤオなのか、全体役すら見えてこない。

しかし愚痴を言ってもポイントは増えない。

「チー」

役も定まってないこの手からカン【6マン】をチー。
良い子は真似してはいけない、いや真似できない。
もしも同じ事を黒沢咲がやったら地殻変動が起きてしまう程の仕掛け。

それでもたろうはここからアガリを見ている。
役牌重なりはマスト、一番上手くいけばダブ【東】の重なりからのドラの【5ピン】引き。
ドリカムもびっくりの夢追い満貫構想だ。

いや、それがドリブンズの血を引く者としての正着な考え方だ。
鈴木たろうが今それを体現している。
「やれる事は全部やる」

カン【6マン】チーの後、たろうは手牌から浮いている字牌を一枚も切らずにほぼほぼツモ切りを続けた。【赤5マン】もほぼノータイムだ。

これは他家から見るとどうだろう。

仲林はリャンメンターツの【8ソウ】を切ってたろうに対応する。

茅森は【7マン】【8マン】【9マン】のメンツから現物の【8マン】を抜いた。

唯一イーシャンテンだった勝又も、たろうの現物の【9ピン】をトイツ落としで迂回した。

皆、字牌はおろか、通ってない数牌すら切るのをためらっている。

バラバラのたろうのこの手に。

全体牌図で見るとたろうの仕掛けの迫力はより分かりやすく伝わる。

たろうの河には序盤から中張牌がバラ切りされていて、かつ役牌が一枚も切れていなく、タンヤオの仕掛けとは考え辛い。
他3者の手にはション牌の役牌が浮いており、鳴かれる可能性が非常に高く感じてしまう。

たろうブランドでもある
“鳴いての遠い高い手”
役牌絡みや、残りがほぼ字牌で構成されたホンイツならば12000点からというような仕掛けに見えてしまう。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 高宮まり撮り下ろし写真集&近代麻雀新刊