ここで負けてはいられない 勝利のために、軍師・勝又健志が繰り出す計略【Mリーグ2020観戦記3/1】担当記者:東川亮

ここで負けてはいられない 

勝利のために、

軍師・勝又健志が

繰り出す計略

文・東川亮【月曜担当ライター】2021年3月1日

3月になった。

1年前、EX風林火山はこの時期を絶望的な状況下で戦い、敗れた。

負ければ選手入れ替えを明言して臨んだ今シーズンも、残り8戦で3位につけてはいるものの、ポイント差を見ればセミファイナル進出も確実とは言えない。

何より、EX風林火山の目標は初年度に取り逃した優勝である。

ここで負けてはいられない。

チームとしての覚悟を胸に秘め、勝又健志が3月の初戦に臨んだ。

3月1日 第1回戦

東家:村上淳赤坂ドリブンズ

南家:松本吉弘渋谷ABEMAS

西家:勝又健志EX風林火山

北家:石橋伸洋U-NEXT Pirates 

東1局、勝又が1枚目のから積極的に仕掛ける。

ピンズが多めでドラもあり、満貫はもちろんハネ満も視野に入る手だ。

ただ、ホンイツ一直線ならここでを切って1枚切れのを残しそうなものだが、勝又は1枚切れのをツモ切り。

その後、を暗刻にして切り。

を重ねて切りと、右端にあるがいつまでも残っている。

これは最終手出しをにすることで、ホンイツを少しでもぼかそうという狙いか。

また、が親の村上の現物ということもあるだろう。

そして、3つ目の狙いとして考えられるのがこの引き。

石橋、村上とソーズの下を序盤に切っており、松本もを切っているということで、ソーズの下はかなりアガリを取れそうな待ちとなっている。

をポンした松本の打を捉えて3900。

勝又の描く、二重三重の構想が冴えた一局だった。

東3局、勝又はを重ねて4トイツとなったところで、メンツのを抜き打った。

七対子へと進路変更する一打だ。

3枚見えでが、マンズの中ほどが多く切られていてが比較的山にありそうという狙いか。

また、ドラを重ねれば一撃高打点も狙える。

 

勝又、と重ねてテンパイ。

七対子に自信を持っている打ち手であり、この辺りの選択はさすがだ。

ドラのは直前にテンパイの石橋がツモ切っており、今なら出アガリも狙えそう。

ここは石橋が300-500のツモアガリ。

秀逸な手組みを見せた勝又だったが、それが必ずしも実るとは限らない。

東4局1本場

勝又はここからペンターツ払い。

ピンズやソーズの伸びを見つつ、親の安パイを残して少しスリムに受ける選択だ。

残したとくっつき、ドラメンツが完成。

こうなればを切って目いっぱい、も親の現物だが、もはやここは攻撃シフトだろう。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!