仲間のため、ファンのため―― 襲い掛かる逆境 それでもなお、丸山奏子は戦い続けた【Mリーグ2022-23観戦記1/9】担当記者:江嵜晋之介

仲間のため、ファンのため――
襲い掛かる逆境
それでもなお、
丸山奏子は戦い続けた

文・江嵜晋之介【月曜担当ライター】2023年1月9日

第1試合

東家:東城りお(セガサミーフェニックス)
南家:瑞原明奈(U-NEXT Pirates)
西家:丸山奏子(赤坂ドリブンズ)
北家:松ヶ瀬隆弥(EX風林火山)

大和証券Mリーグ2022-23、レギュラーシーズン。
1月9日の第一試合、赤坂ドリブンズからは丸山が出場した。

シーズンも後半に差し掛かり、徐々に後が無くなってきたドリブンズ。
チーム内でスコアをプラスしているのは園田ただ一人で、丸山・村上は今シーズン未だトップがない。

ここからの巻き返しには、二人の復調が不可欠だろう。
しかし…

この試合、丸山はラスを引いてしまう。
解説の朝倉プロに「できることはほぼやり切っていたのでは?」と言わしめるほどに、丸山は降りかかる不運と戦い続けていた。

東1局、西家・丸山の手牌。いきなりチャンスが訪れる。

【西】が暗刻でドラが3枚。初打はドラ【1ソウ】を使い切る【2ソウ】とする。

【1ソウ】・8pはもちろんポンしたいが、早い巡目に【4ソウ】【7ソウ】チーから仕掛けると他家から警戒されてしまうため、ある程度我慢したいところ。

次巡、【3ピン】を引き入れリャンメンに変化する。当然の打【8ピン】

配牌の段階では丸山が他を圧倒していたが、ここに松ヶ瀬が追いつく。
6巡目、松ヶ瀬の手牌。

二度受けだった【5ソウ】【8ソウ】を引き入れイーシャンテンになったところ。
選択肢の多い手形に、手が止まる。

ドラがなく、何かしら打点を確保したいところ。
【2ソウ】を引けば一盃口が完成するが、頼みの【2ソウ】は2枚切れており残り1枚しかない。

かといって【3ソウ】または【4ソウ】を雀頭にすると今度は【3マン】【6マン】二度受けが残る。
【6マン】は既に2枚切れだ。

松ヶ瀬は少考の末、【4ソウ】を選択した。

二度受けは残るものの、カン【8マン】の場況が良いため仮に【3マン】を引いて役無しカンチャンになったとしてもリーチをかけやすい。

この選択が功を奏す。
2巡後、【6マン】を引き入れテンパイ。【8マン】も山に残っていそうだがシンプルに【3マン】【6マン】でリーチをかける。

松ヶ瀬に先を越された丸山だったが、松ヶ瀬の現物に【4ソウ】があったため、同巡瑞原から【4ソウ】が打たれ、チーしてテンパイを入れる。

待ちは【2ピン】【5ピン】【3マン】【6マン】待ちの松ヶ瀬と丸山の一騎打ちとなる。
【2ピン】【5ピン】はなんと山に5枚。対して【3マン】【6マン】は山に3枚残っていた。

勝負の結果は…

松ヶ瀬に軍配が上がる!
丸山が【3マン】を掴み、松ヶ瀬へ放銃。裏ドラこそ乗らず3,900点だが点数以上に勝負手を潰された痛い放銃となってしまった。

東4局、再び松ヶ瀬と丸山がぶつかる。
10巡目、親番の松ヶ瀬からリーチがかかる。

配牌で既にイーシャンテンだった松ヶ瀬だが、道中やや遠回りしながらも打点にこだわりながら手を進め、タンヤオ平和の36p待ちを作り上げる。

リーチ宣言牌の【2ピン】を丸山がポン!

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 近代麻雀戦術シリーズ新刊!